さくらしめじ、憧れの地USEN STUDIO COASTで開催したツアー最終公演のレポートが到着!

 さくらしめじが、11月28日(日)に東京・USEN STUDIO COASTにて、さくらしめじ秋のツアー『さくらしめじの秋ツアー~シイノトモシビ~』の最終公演を行った。

 田中雅功(たなか・がく)と髙田彪我(たかだ・ひょうが)からなる新世代フォークデュオのさくらしめじは、2014年6月14日に“ガク&ヒョウガ”として結成し、同年11月24日に現在のユニット名が決定。音楽活動のみに留まらず、俳優や小説家としても幅広い活躍をみせている彼らは、今年の春には音楽ライブと演劇を融合したワンマンライブ『春しめじのお花し』を中野サンプラザで行い、夏にはロックをテーマにしたワンマンライブ「さくらしめじのゼップでロッ菌! 2021」をZepp Diver Cityで開催。10月から本ツアーを開始し、「シイノトモシビ」=「四位の灯火」というサブタイトル通り、名古屋、福岡、大阪、東京と四つの都市(位置)で灯火を点け、各地で2公演が行われた。

 さくらしめじとしては、憧れのSTUDIO COASTで最初で最後となるワンマンライブのファイナルとなる夜公演。開演時間になると、二人はオープニングSEが流れる中でステージに上がり、ループペダルを踏んでアコギのボディを叩き、リフを弾いて、その場でトラックを製作。この秋から本格的に導入したアコギ2本とルーパーというスタイルで、7月に配信リリースした「わがままでいたい」をクールに歌い、硬質なムードでライブの幕を開けた。しかし、一転して、2曲目の「しめじ体操」ではアコギを置いて、センターステージへと元気よく駆け降り、観客全員を巻き込んだ旗揚げゲームを展開。演奏後には、ポケットに潜ませていた桜吹雪を撒き散らし、「菌カツ!」で背中合わせて弾き語りながら拳を上げて煽り、フロアの熱気をあげた。

この記事の画像

「さくらしめじ、憧れの地USEN STUDIO COASTで開催したツアー最終公演のレポートが到着!」の画像1 「さくらしめじ、憧れの地USEN STUDIO COASTで開催したツアー最終公演のレポートが到着!」の画像2 「さくらしめじ、憧れの地USEN STUDIO COASTで開催したツアー最終公演のレポートが到着!」の画像3 「さくらしめじ、憧れの地USEN STUDIO COASTで開催したツアー最終公演のレポートが到着!」の画像4
「さくらしめじ、憧れの地USEN STUDIO COASTで開催したツアー最終公演のレポートが到着!」の画像5 「さくらしめじ、憧れの地USEN STUDIO COASTで開催したツアー最終公演のレポートが到着!」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク