キングギドラが“言いてぇ事言うのがヒップホップであること”を示した傑作アルバム『最終兵器』

前回の当コラムでDragon Ashの『Viva La Revolution』を紹介したが、資料探しや事実確認のため、“Kj”やら“「Grateful Days」”をググると、検索順位の上位にZeebraとKjとの関係が出てきて少し驚いた。結構前の話だと思っていたが、こういうワイドショー的なスキャンダルはネット民もまだまだ好きらしい。かくいう筆者もそこをチェックしてしまったのだから世話はないわけだが、せっかくだから、この機会にキングギドラの音源にも触れておこうと思う。ワイドショー的側面を追っているだけでは見えてこない、彼らのアーティストとしての本質を考えてみたい。

■“日本語で韻を踏む”ことを創出したグループ

ラッパー同士が即興のラップでディスり合う“フリースタイル・ラップバトル”。その面白さが一般層にも大分浸透してきている。少し前なら上記の“ディスり合う”にも“罵り合う”とか“口喧嘩する”といった意訳が必要だっただろうが、現在、少なくともこのコラムをお読みの方には説明不要だろう。それが浸透した何よりの証拠。フリースタイル・バトルのブームは、言うまでもなく、TV番組『フリースタイルダンジョン』の存在が大きい。ヒップホップが所謂J-POPの中に組み込まれるようになってしばらく経つので、流石にラップがリズミカルに喋るように歌う歌唱法であることは周知されていただろうが、そこで韻を踏むことの奥深さがどれほど理解されていたかは疑わしいし、「ラップって早口で駄洒落を言うこと?」って思っている輩も少なからずいたに違いない。ラップを即興で行なうことに至っては、その高度なテクニックが地上波のテレビで取り上げられる機会はほとんどなかった。『フリースタイルダンジョン』のオーガナイザーであり、同番組のメインMCを務めているZeebra。そのZeebraがK DUB SHINE、DJ OASISとともに立ち上げたヒップホップ・グループが93年に結成したのがキングギドラ(現:KGDR、以下同)で、彼らは日本語ラップを今の形に押し上げたグループのひとつであり、“日本語で韻を踏む”ことはほぼKGDRが国内に広めたといっていい(厳密に言うと、小節の最後の響きを合わせるというスタイルではなく、音節単位でも韻を踏むことだという)。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク