繊細な歌声とメロディーで人々を魅了するシンガーソングライター・小田和正が豪華出演者と送る、19回目の『クリスマスの約束2021』を12月24日(金)深夜24:20~26:00に放送する(※一部地域を除く)。

2001年に放送を開始し、今年21年目となる『クリスマスの約束』。2年振り19回目となる今年は、熊木杏里清水翔太JUJUスキマスイッチ大橋卓弥常田真太郎)、長屋晴子(緑黄色社会)、根本要(STARDUST REVUE)、水野良樹(いきものがかり)、矢井田瞳、和田唱 (TRICERATOPS)らと共に、昭和・平成・令和の名曲の数々を披露。2日後に迫った放送を前に、収録の模様を写真と共にお届けする。

12月初旬。千葉県浦安市にある「舞浜アンフィシアター」のステージに姿を現した小田が「皆さん、お久しぶりです」と会場に集まった1,600人の観客に向かって挨拶すると、割れんばかりの拍手が。観客はマスク着用かつ発声を禁じられているが、小田の姿と言葉にこの日を待っていた喜びが拍手に溢れ出ていた。

この日の収録は、「この曲はコロナが収束していくことを願って書いて、このメンバーに参加してもらってレコーディングしました」と小田が“今を大切にする”い思いを込めた楽曲「風を待って」からスタート。「風を待って」は、今年の元日に発売された小田のデジタルシングル。コーラスには根本要(STARDUST REVUE)、和田唱(TRICERATOPS)、JUJU、大橋卓弥(スキマスイッチ)、矢井田 瞳、熊木杏里、水野良樹(いきものがかり)ら、『クリスマスの約束』での交流が深いメンバーが参加しており、この日は常田真太郎(スキマスイッチ)のピアノ伴奏でファンの前で初めて披露された。レコーディングの際、大橋は小田に「いつかみんなで集まって歌えるといいですね」と話したと言い、発売から約1年の時を経てついに観客へ直接この楽曲を贈ることができた。

この記事の画像

「小田和正、緑黄色社会の長屋晴子が初参戦した音楽特番『クリスマスの約束』の収録レポートを公開!」の画像1 「小田和正、緑黄色社会の長屋晴子が初参戦した音楽特番『クリスマスの約束』の収録レポートを公開!」の画像2 「小田和正、緑黄色社会の長屋晴子が初参戦した音楽特番『クリスマスの約束』の収録レポートを公開!」の画像3