アヴァンギャルドのミューズ。アネット・ピーコックが残したジャズ・ロックファンをも唸らせた傑作の『The Perfect Release』
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
あらかじめ断っておくと、アネット・ピーコックの主戦場というか、収まるべきジャンルとしては“ジャズ”である。が、本作がリリースされた1979年から現在におけるまで、彼女が知られ、その音楽について酒席などで語られるのは、おおむねロック方面であったりする。それほどに、ロックファンにも本作はインパクトを与えたのであり、未だに忘れられることなく、「アネット・ピーコックの『The Perfect Release』はなかなか衝撃的だったよな」と口にする人がいたりする。

今でも覚えているが、当時は何の情報もなく、音楽雑誌にも最初は紹介されなかったのではないか。輸入盤専門店でその洒落たドローイングのジャケットに惹かれてジャケットを手に取った時のこと。聞いたこともない名のその女性アーティストのバックアップ陣に、第二期ジェフ・ベック・グループを支えたキーボードのマックス・ミドルトンやこれまたジェフの傑作『BLOW BY BLOW ギター殺人者の凱旋』(1975年)でドラムを叩いていたリチャード・ベイリーの名前がクレジットされているのを認め、まぐれ当たりでもいいかと軽い気持ちで買ったものだった。ところがターンテーブルに乗せて針を下ろしてみたところ、あまりの衝撃にぶん殴られたような心持ちになったものだ。先のジェフの『BLOW BY BLOW~』や『Wired』とも共通するが、大別すれば今日で言うフュージョンの枠に入る、キレのあるファンキーなリズム隊にミドルトンのシンセ、エレピが踊る。そこにエキセントリックなアネットのヴォーカルが曲を彩っていく。多くはポエトリーリーディングのようなのだが、時々はメロディに添いつつ、一音も外すことなく不思議に調和している。素人っぽいけれど、実は上手いのかもしれないと思わせる。何よりその声の扇情的なこと。

この記事の画像

「アヴァンギャルドのミューズ。アネット・ピーコックが残したジャズ・ロックファンをも唸らせた傑作の『The Perfect Release』」の画像1 「アヴァンギャルドのミューズ。アネット・ピーコックが残したジャズ・ロックファンをも唸らせた傑作の『The Perfect Release』」の画像2