Angelo、代々木第二体育館での無期限活動休止前ラストライブ終幕!レポートを公開

 去る2021年8月、ホールツアーのファイナル東京・LINE CUBE SHIBUYA公演にて、2022年1月をもって無期限活動休止となることを発表したAngelo。その後、10月に東京・豊洲PITでの15周年記念ライブ2daysを開催、11月17日にニューアルバム『CIRCLE』をリリース、さらに11月20日~1月9日、全15公演に渡る全国ツアー『THE END OF CIRCLE』を完遂した。

 「最後の最後まで最高を貫きたいと思います。最後の二日間まで命を燃やし尽くすので、よろしくお願いします」とは、キリト(Vo)が先日のツアーファイナルで告げた言葉。かくして1月15、16日、Angelo無期限活動休止前ラストライブとなる東京・国立代々木競技場第二体育館公演『CONNECTED NEW CIRCLES』が開催された。

 ラストツアーという事実を感じさせないものとなった「THE END OF CIRCLE」のムードを引き継ぎながら、Angeloらしい攻撃性を全面に打ち出したステージを展開した第一夜を経て、迎えた第二夜。昨年、コロナ禍の中で制作されたアルバム『[evolve]』の1曲目を飾ったナンバーであり、未曾有の事態をバンドとファンが共に乗り越えてきた日々が思い返される「Enter the NEOPHASE」で幕を開けた時点で、第一夜とは趣の異なるステージになることは必至だった。

 アリーナ席、スタンド席ともに多くのオーディエンスで埋め尽くされた美しい光景を前に、キリト、Karyu(Gu)、ギル(Gu)、KOHTA(Ba)が前方に繰り出す場面も多く見られ、冷静沈着なTAKEO(Dr)もいつも以上のテンションの高さが感じられたこの日。ツアーで全曲披露されていた『CIRCLE』収録曲が、このステージでも4曲(第一夜では5曲)組み込まれていたことは、終わりは始まりであること、最新が最高であることの証明、すなわち今届けるべき楽曲たちだからこそ。また、ここで披露された、あらゆる時代に生まれた楽曲たち全てが、この重要な局面においても聴く者の胸に突き刺さるメッセージであることは、どんな時代であろうとキリトが伝え続けてきたことの本質に変わりがないからだ。

この記事の画像

「Angelo、代々木第二体育館での無期限活動休止前ラストライブ終幕!レポートを公開」の画像1 「Angelo、代々木第二体育館での無期限活動休止前ラストライブ終幕!レポートを公開」の画像2 「Angelo、代々木第二体育館での無期限活動休止前ラストライブ終幕!レポートを公開」の画像3 「Angelo、代々木第二体育館での無期限活動休止前ラストライブ終幕!レポートを公開」の画像4
「Angelo、代々木第二体育館での無期限活動休止前ラストライブ終幕!レポートを公開」の画像5 「Angelo、代々木第二体育館での無期限活動休止前ラストライブ終幕!レポートを公開」の画像6 「Angelo、代々木第二体育館での無期限活動休止前ラストライブ終幕!レポートを公開」の画像7 「Angelo、代々木第二体育館での無期限活動休止前ラストライブ終幕!レポートを公開」の画像8
「Angelo、代々木第二体育館での無期限活動休止前ラストライブ終幕!レポートを公開」の画像9 「Angelo、代々木第二体育館での無期限活動休止前ラストライブ終幕!レポートを公開」の画像10 「Angelo、代々木第二体育館での無期限活動休止前ラストライブ終幕!レポートを公開」の画像11
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク