これまでに数々の著名なアーティストのサポートを務め、デビュー50周年を目前に逝去した日本を代表するドラマー・村上“ポンタ”秀一。同氏の音楽人生を祝福するトリビュートコンサートを斉藤ノヴが発起人となり、3月11日(金)東京国際フォーラムにて開催される。

参加ゲストアーティストには、大黒摩季大貫妙子角松敏生近藤房之助佐藤竹善、ジャンク フジヤマ、未唯mie、森高千里(※五十音順)の出演が既に発表されているが、今回、一青窈、福原みほの参加が追加決定した。

さらに、ゲストミュージシャンとして、バカボン鈴木(Ba)、柴田敏孝(Keys)、仙波清彦(Dr)、SATOKO(Dr)、松下マサナオ(Dr)、国場幸孝(Dr)、佐藤奏(Dr) の出演も決定。

なお、本公演では、初の試みとなるピンク・レディーの名曲を未唯mieとのスペシャルコラボ企画として、大黒摩季、一青窈、森高千里による競演や、ポンタ自身の“ドラム・サウンド”と角松敏生が最後の共演も予定されている。角松敏生にとって、デビュー以降、数多くのアルバム、楽曲でタッグを組んできた特別な存在であり、彼との絆を確かめ合う最後の共演は、ファンにとっても最大の見どころだ。

彼のビートに触発され続けた一流のミュージシャンが一夜限り集結し、日本ポップス史に燦然と輝く功績を残されたレジェンドドラマーとの思い出をファンと共に振り返るラストライブをお見逃しなく。

『西原商会 presents 村上“ポンタ”秀一 トリビュート ~One Last LIVE~』

この記事の画像

「村上“ポンタ”秀一のトリビュートライブに一青窈、福原みほがゲスト出演」の画像1 「村上“ポンタ”秀一のトリビュートライブに一青窈、福原みほがゲスト出演」の画像2 「村上“ポンタ”秀一のトリビュートライブに一青窈、福原みほがゲスト出演」の画像3