SHE'S、招待制アコースティックライブで伝えたファンへの感謝と信頼とは

SHE'S、招待制アコースティックライブで伝えたファンへの感謝と信頼とは
11月23日@渋谷LOFT9 (okmusic UP's)
先日、バンド結成以来初のフルアルバム『プルーストと花束』を来年1月25日にリリースすることを発表したばかりのSHE'S。10月19日にリリースされた2ndシングル「Tonight / Stars」購入者限定の招待制アコースティックライブが、11月23日(祝・水)に渋谷LOFT9で行なわれた。

【その他の画像】SHE'S

今年新設されたばかりの小さなカフェスペースのような会場には、幸運にもチケットを手に入れた150人のファンが集まり、滅多に見ることのできないアコースティック編成のSHE'Sを1時間にわたり堪能した。

ステージに広瀬臣吾(B)、木村雅人(Dr)、服部栞汰(Gt)、井上竜馬(Vo)の4人が登場すると、「クールな感じで始めようと思ったけど無理ですわ(笑)」と、井上。しんと静まり返ったフロアの緊張をほぐして、早速、最新シングル「Tonight」が披露された。美しいピアノの旋律にメンバーの演奏が加わり、ゆっくりと熱を帯びていくバラードナンバー。さらにインディーズ時代のミニアルバム『WHERE IS SHE?』に収録の「Long Goodbye」など、この日は通常のライブでは聴くことのできないレアな選曲でライブは進んでいった。

「厳かな感じだね」と井上。慣れ親しんだライブハウスとはひと味違う新鮮な手応えを感じながら、躍動感溢れるライブの定番曲「Un-science」へ。木村がカホンを叩き、広瀬がハンドクラップを煽ると、アコースティック編成でありながらも、いつもと同じく井上のエモーショナルな歌唱がフロアに力強く響き渡った。「3年前にとても好きだった彼女と別れたとき、頭が真っ白になってひとり旅に出た。そのときに書いた曲です」というような紹介で披露された「幸せ」では、服部が奏でる哀愁のギターが切ないメロディに優しく味わいを添えた。さらに、かつてSHE'Sが10代限定のオーディション“閃光ライオット"で披露した「The World Lost You」が久々に演奏されると、会場は大きな拍手で包まれた。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2016年11月28日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。