ついに日本でも公開された映画『SING/シング:ネクストステージ』。前作同様、起用曲全てが珠玉の名曲ではありますが、その他にも映画オリジナル版ではU2のボノが演じた役を日本語版ではB’zの稲葉浩志が演じている点なども話題ですよね。そこで、今回は吹き替え版で日本人の声優、俳優、アーティストが歌唱した楽曲のオリジナル5曲をフィーチャー。吹き替え版、オリジナル版ともに子供も大人も楽しめる音楽映画に注目です。

「Could Have Been Me」(’13) /THE STRUTS

今作の吹き替え版を観て最も印象に残ったのが、BiSHのアイナ・ジ・エンドが歌う「クッド・ハヴ・ビーン・ミー」。オリジナルはイギリスのバンド、ザ・ストラッツのシングル2作目としてリリースされた、疾走するロックサウンドとエナジー溢れる言葉のリリックが爽快な作品です。映画ではアイナ・ジ・エンドのハスキーヴォイスとアニメーションが絶妙に共鳴し、キャラクターの魅力をグッと引き上げるのみならず、重要な見せ場に起用されています。劇中、アリシア・キーズの「ガール・オン・ファイア」も歌唱しているアイナ・ジ・エンド。そちらは日本のサントラ盤に収録されるとのことですが、この曲のカバーは劇場で楽しみましょう。

「A Sky Full of Stars」(’14) /Coldplay

やはりコールドプレイは素晴らしい。今作を観てそんな思いを抱いた人も多いことでしょう。前作から引き続き、主要登場人物のひとりを演じている

この記事の画像

「映画『SING/シング:ネクストステージ』日本人声優がカバーする注目ソング5選」の画像1 「映画『SING/シング:ネクストステージ』日本人声優がカバーする注目ソング5選」の画像2 「映画『SING/シング:ネクストステージ』日本人声優がカバーする注目ソング5選」の画像3 「映画『SING/シング:ネクストステージ』日本人声優がカバーする注目ソング5選」の画像4
「映画『SING/シング:ネクストステージ』日本人声優がカバーする注目ソング5選」の画像5