シンガーソングライターのヒグチアイが、最新アルバム『最悪最愛』にも収録されている楽曲「まっさらな大地」のライブ映像をオフィシャルYouTubeチャンネルで公開した。

公開された「まっさらな大地」は、3月11日(金)に東京・EX THEATER ROPPONGIにて開催されたバンドセットワンマンライブ『HIGUCHIAI band one-man live 2022 [ 最悪最愛 ]』のライブ映像。ドラムに伊藤大地、ベースに御供信弘、ギターに実妹のひぐちけいというバンドメンバーとともに、同曲をライブ初披露した。

1月に「悪魔の子」のカップリング曲として配信されたアニメファンにもお馴染みの楽曲で、実際のライブでも先日ライブ映像が公開された「悪魔の子」に続いて演奏された。

ヒグチアイの美しく物悲しげなピアノリフから始まり、ドラムの四つ打ち、歌、バンドが順番に重なっていきオーディエンスをぐいぐいと引き込んでいく。サビで爆発的に増す疾走感と塗り替えられるように解放されていくステージパフォーマンスはバンドセットのライブならではだ。コロナ禍でなければ確実にピアノとユニゾンでスキャットの大合唱が巻き起こっていただろう間奏を経て、圧巻のパフォーマンスはさらに深みへと加速していく。偶然にも楽曲タイトルを名前に持つ伊藤大地のプレイは必見だ。公開されたライブ映像をじっくり堪能してほしい。

NHK総合にて放送されたTVアニメ『進撃の巨人』The Final Season Part 2のエンディングテーマ「悪魔の子」は世界的に大きな反響を呼び、ストリーミング累計5,500万回を突破した。同曲はApple Music J-Popランキングでは113か国で1位を獲得し、129か国でTOP10入り。iTunes Store J-Popランキングでも44か国で1位を獲得。Spotifyバイラルトップ50 ではインドネシア、台湾、香港、マレーシア、シンガポール、ベトナムの各国で1位を獲得。日本でも3位を記録し、グローバルチャートでも5位にランクインするなどまさに世界中のチャートを席巻中だ。アニメスペシャルVer.のミュージックビデオはYouTubeで1,650万回再生、TVアニメ『進撃の巨人』The Final Season Part 2のEDノンクレジット映像も1,470万回再生を突破し、アルバム発売日に公開された本人出演のミュージックビデオも370万回再生、ライブ映像も50万回再生を突破した。

この記事の画像

「ヒグチアイ、バンドセットワンマンから「まっさらな大地」のライブ映像を公開」の画像1 「ヒグチアイ、バンドセットワンマンから「まっさらな大地」のライブ映像を公開」の画像2 「ヒグチアイ、バンドセットワンマンから「まっさらな大地」のライブ映像を公開」の画像3