奥田民生とSPARKS GO GOのロック熱が注がれた『THE BAND HAS NO NAME』
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
1990年代にソニーミュージックから発表された名盤をアナログレコードで再発売する“GREAT TRACKS 90's CLASSICS VINYL COLLECTION”。昨年10月、第一弾として真心ブラザーズの『I will Survive』とTHE BOOMの『極東サンバ』がリリースされたが、その第ニ弾として4月13日に『THE BAND HAS NO NAME』が発売された。本作が発表された頃にはバンドとしての活動は半年ほどしかなかったので、バンド名を聞いてもピンとこない人がいても不思議ではないが、メンバーはSPARKS GO GOと奥田民生の豪華コラボレーションなのである。全盛期のUNICORNとSPARKS GO GOの胎動とが合わさって生まれた傑作と言っていい。

ロックの王道を堂々と闊歩

収録曲はわずか6曲。ミニアルバムと言っていい容姿ながら、この『THE BAND HAS NO NAME』は彼らがどんなバンドで、何をどうしたかったのかがはっきり分る。その意味で本作は傑作と呼んでいいし、入魂のデビュー作であろう。このバンドの背景や制作に至る経緯をあれこれ述べる前に、まずザっと楽曲を解説してみよう。

オープニングはM1「Something Wild」。Led Zeppelinによる「Born to Be Wild」のカバーか、はたまたSteppenwolfが「Rock and Roll」をカバーしたのか──そう評すのもどうかと思うけれど、この疾走感とヘヴィなギターサウンドは古今東西ロックの王道、そのど真ん中を堂々と闊歩しているかのように感じられる。ZEP 風のリフであることも、「Born to Be Wild」っぽいキメがあることも承知してやっているはずで、それを指摘したところで、当のメンバーは“カッコ良いでしょ?”くらいの感じだったであろう。こういう音を鳴らすのが楽しくて仕方がなかった様子が伝わってくる。決して複雑な構成ではないものの、メンバーそれぞれにちょいちょい個性的なフレーズを差し込んでいる。個人的には後半はここまで長くなくてもいいような気がしなくもないけれど、ライヴにも近い感覚でアンサンブルを引っ張っているように思う。その辺りからも、バンドで演奏すること自体の楽しさを感じることができる。それは、いい意味でのアマチュアイズムと言い換えることもできようか。

この記事の画像

「奥田民生とSPARKS GO GOのロック熱が注がれた『THE BAND HAS NO NAME』」の画像1 「奥田民生とSPARKS GO GOのロック熱が注がれた『THE BAND HAS NO NAME』」の画像2