ヴォーカリスト・麻衣、コーラスグループ・リトルキャロルをフィーチャーしたニューアルバムを発売
拡大する(全4枚)
麻衣 (okmusic UP's)
ジブリ作品への参加でも知られるヴォーカリストの麻衣(まい)。自身が音楽監督を務める女性のみのコーラスグループ・リトルキャロルをフィーチャーし、新たにプロデュースしたアルバム『Beautiful Harmony』がCDと配信でリリースされた。

リトルキャロルは、麻衣が、現NHK東京児童合唱団の卒団生により1996年に結成した女性コーラスグループ。2022年で結成26年になる彼女たちの一体感のあるハーモニーは、各地のコンサートなどで好評を博している。かねてより麻衣は、リトルキャロルのアルバム制作の構想を温めていたが、コロナ禍でオンラインでの練習を重ねる中で方向性が定まり、分断され、傷つけられた人々の心を癒やす究極のハーモニーを届ける作品として結実した。

今作では、麻衣が父である作曲家久石譲の作品を3曲取り上げたことも注目される。麻衣は「父ですが、私にとって音楽家としては一番怖い存在。今回も出来上がった音を一番先に聴かせましたが、いいじゃないかと言ってくれて、ホッとしました」と語る。他に、村松崇嗣やデヴィッド・フォスターなどの心に残るメロディーを、全11 曲を集め、麻衣の透明感あふれる声とリトルキャロルの美しいハーモニーを、気鋭の作曲家・篠田大介が作り出すポストクラシカルなサウンドで包む作品となった本作は、いつどんな状況にあろうとも人々の心に寄り添い、「祈り」のような存在としていつまでも何度でも聴き継がれるであろう。

この記事の画像

「ヴォーカリスト・麻衣、コーラスグループ・リトルキャロルをフィーチャーしたニューアルバムを発売」の画像1 「ヴォーカリスト・麻衣、コーラスグループ・リトルキャロルをフィーチャーしたニューアルバムを発売」の画像2 「ヴォーカリスト・麻衣、コーラスグループ・リトルキャロルをフィーチャーしたニューアルバムを発売」の画像3 「ヴォーカリスト・麻衣、コーラスグループ・リトルキャロルをフィーチャーしたニューアルバムを発売」の画像4