BRAHMAN、自身初のホールツアー最終公演より「FAR FROM...」ライブ映像を公開
拡大する(全3枚)
BRAHMAN (okmusic UP's)
4月27日(水)に発売されるBRAHMANの映像作品『Three Times Three』に収録されている東京・中野サンプラザ公演の中から「FAR FROM...」の映像がオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開された。

2022年1月13日。コロナ禍で行われたBRAHMANの有観客単独ホールツアー最終公演『Tour -slow DANCE HALL- FINAL at 中野サンプラザ』は、あの場に居合わせた全員がぶっ飛ばされた伝説級のホールライブとなった。昨夏に開催された『Tour 2021 -Slow Dance-』では、声を上げることすら許されない環境で、BRAHMAN は彼らの特徴のひとつでもある静と動の「静」にスポットを当て、コロナ禍でも止まらないという姿勢を見せつけたが、ここではそれをさらに進化させた。紗幕を大胆、かつ巧みに使い、数々の効果的な映像演出で1本のライブを芸術作品の域へと高めたのである。

今回公開されたライブ映像は、ライブ終盤に披露された「FAR FROM...」。この曲の次に控えていた「Slow Dance」でテンションが爆発する直前の、抑制の効いたパフォーマンスが非常にエモーショナルである。

演奏をサポートする映像も素晴らしかった。映像のコンセプトは「時」。生きた化石とも言われる古代魚・アロワナは恋をして繁殖をする珍しい魚。 人は、生まれ、出会い、そして最後は別れ ( 死 ) を経験して時を重ねていくもの。そんな人間の生涯をアロワナの映像で表現している。この映像が4人の演奏と溶け合い、人々がこれまでこの楽曲に対して抱いたことのない感情を呼び起こしたのである。これはコロナ禍だからこそ表現できたことではないだろうか。ぜひご覧いただきたい。

この記事の画像

「BRAHMAN、自身初のホールツアー最終公演より「FAR FROM...」ライブ映像を公開」の画像1 「BRAHMAN、自身初のホールツアー最終公演より「FAR FROM...」ライブ映像を公開」の画像2 「BRAHMAN、自身初のホールツアー最終公演より「FAR FROM...」ライブ映像を公開」の画像3