中島美嘉の1stアルバム『TRUE』に見る時代の変遷にも紛れない唯一無二の歌声
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
中島美嘉が5月4日、通算10枚目のアルバム『I』がリリースされたということで、今週は邦楽名盤コラムでは彼女のデビューアルバム『TRUE』を取り上げる。新作『I』は全曲の作詞作曲を中島美嘉本人が手掛けた初めての作品で、デビューから20数年を経て、自らのプロデュースを行なうアーティストにまで成長したその証と言えるだろうか。加えて、先日テレビ番組を観ていたら、綾戸智恵が“自分の歌の経験を託したい人”として中島美嘉を指名していた。キャリア豊富なベテランのジャズシンガーにそう言わしめるほどに、彼女はシンガー、アーティストとして確固たるポジションを築き上げてきたわけだ。そんな中島美嘉のデビューはどういうものだったのか? まずはそこから振り返ろう。

いきなり大ブレイクも実は…?

中島美嘉は2001年10月に女優としてデビューし、同年11月にはそのドラマの主題歌でもあったシングル「STARS」で歌手としてデビュー。「STARS」はいきなりチャート初登場3位という好リアクションを示した。その後、2nd「CRESCENT MOON」(2002年2月)、3rd「ONE SURVIVE」(同年3月)、4th「Helpless Rain」(同年5月)、5th「WILL」(同年8月)と立て続けに発表したシングルは、いずれもチャートトップ10入り。そして、同年8月にリリースした1stアルバム『TRUE』はチャート初登場1位を記録して、ミリオンセラーを達成する。さらに彼女はその年の日本レコード大賞で最優秀新人賞を受賞し、NHK

この記事の画像

「中島美嘉の1stアルバム『TRUE』に見る時代の変遷にも紛れない唯一無二の歌声」の画像1 「中島美嘉の1stアルバム『TRUE』に見る時代の変遷にも紛れない唯一無二の歌声」の画像2