SUGIZO率いるSHAG、1stアルバム『THE PROTEST JAM』をリリース
拡大する(全3枚)
SHAG (okmusic UP's)
ソロワーク、LUNA SEAX JAPANをはじめ、様々なプロデュース、セッション、コラボレーション等、八面六臂の活動を続けるSUGIZOが2002年に結成、クラブ&レイヴシーンを中心に推進したサイケデリックジャムバンド・SHAG。2020年にメンバーを再編成、新たなコンセプトを基に12年ぶりに再始動し、Blue Note TOKYOをはじめ各地で過激かつ濃密なインプロヴィゼーション・バトルを繰り広げてきた。そして2022年7月1日、結成20年目にして1stアルバム『THE PROTEST JAM』をリリースする。

Mick Karn (ex JAPAN)、DJ BAKU、TOKIE等、様々な強者奏者達が往来した’00年代当初は、ターンテーブリストが繰り出すビートを軸に、ダブ、ヒップホップ、ファンク、アンビエント、ノイズ等をサイケデリックに融合した即興演奏を主体としていたSHAG。2020年、リリース半世紀記念となるマイルス・デイヴィスの金字塔『Bitches Brew』リスペクトをコンセプトに、よりドープで過激なインタープレイを展開するべく息を吹き返した。

ジャズとロックが格闘し、より高次元で融合していた50年前の音楽シーン。社会的な反骨精神、反戦、憤怒、レイシズムへの抗議…アナーキズムと音楽が深く結びついていた時代でもあった。そのアティテュード、矜持を2020年代に昇華し、音楽の更なる進化を求めるために、SHAGは再生された。

この記事の画像

「SUGIZO率いるSHAG、1stアルバム『THE PROTEST JAM』をリリース」の画像1 「SUGIZO率いるSHAG、1stアルバム『THE PROTEST JAM』をリリース」の画像2 「SUGIZO率いるSHAG、1stアルバム『THE PROTEST JAM』をリリース」の画像3