2000年に37歳で逝去した「どんと」こと久富隆司(元ボ・ガンボス、ローザ・ルクセンブルク)の60歳の誕生日を祝う『どんと還暦祭 -ウタの遺伝子-』が、2022年8月5日(金)に東京・恵比寿のLIQUIDROOMで開催されることが決定した。

誕生日を大切にしていたどんとの唄を歌い継ぐために、ボ・ガンボスのメンバーだったDr.kyOn、岡地曙裕、永井利充、ローザ・ルクセンブルクのメンバーだった玉城宏志ら盟友たちによるスペシャル・バンドによる演奏に加え、どんとが大好きだった先輩ミュージシャンの友部正人、Sandii(元サンディー&ザ・サンセッツ)、後輩にあたる知久寿焼(元たま、パスカルズ)、佐藤タイジ(シアターブルック)、三宅洋平(犬式)、どんとの息子であるラキタ(元ズットズレテルズ)、久富ナラ(Gateballers、小山田壮平バンド)とほぼ同世代の小山田壮平(元andymori)、下津光史(踊ってばかりの国)、内村イタル(ゆうらん船)などが世代を超えて集結! チケットのプレオーダーは5月25日18:00まで受付中だ。

【コメント】

どんと還暦祭 -ウタの遺伝子-

2000年にハワイ島で肉体を離れたどんと。
今年は、生きていたらどんとも還暦を迎えます。

彼の残したウタの種は、次の世代に受け継がれ、
その世代のmusicianに影響を受けたまた次の世代のmusician へと、、、
咲かせる音の花は違えど、どこか共通する遺伝子を感じます。

この記事の画像

「どんと(元ボ・ガンボス)、60歳の誕生日を祝う『どんと還暦祭』の開催が決定」の画像1 「どんと(元ボ・ガンボス)、60歳の誕生日を祝う『どんと還暦祭』の開催が決定」の画像2