頭の中をライヴ会場に変えてしまう圧巻のグルーヴと熱狂を記録したエリス・レジーナの傑作『イン・ロンドン』
拡大する(全2枚)
(okmusic UP's)
前回の『エリス&トム(原題:ELIS & TOM)』(‘74)に続き、ブラジルが誇る伝説の女性シンガー、エリス・レジーナが残した、もうひとつの名盤を紹介します。
※ エリスの主な経歴については前回のテキストの中で紹介したので省きます。

今回は彼女の通算14作目、英国ロンドンでレコーディングされた『イン・ロンドン(原題:Elis Regina In London)』(’69)です。誰もが認めるエリスの代表作であり、グルービーでハジけるエリスが好きな方はこれを推すという声も多いでしょう。また、ボサノヴァの名盤中の名盤としてこのアルバムを選ぶ方も多いはずです。

60年代後半からジャズ界を中心に 注目されだしたブラジル音楽

少し、1969年という年を振り返ってみたいと思うのですが、人類が月に降り立ったこの年の音楽界での一番の話題となると、ロックやフォーク、ポピュラー音楽に限って言えば、同年8月にアメリカ、ニューヨーク郊外べセルの農場で開催された愛と平和の3日間、『ウッドストック・フェスティバル』となるでしょう。今日のフェスブームのルーツとも言うべき、野外音楽フェスのお手本となったビッグフェスですが、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、ザ・フー、スライ&ファミリーストーン、CCRほか、錚々たるスターが出演したことからも分かるように、時代は完全にロックを中心としたものに染められていたと言うべきでしょうか。

この記事の画像

「頭の中をライヴ会場に変えてしまう圧巻のグルーヴと熱狂を記録したエリス・レジーナの傑作『イン・ロンドン』」の画像1 「頭の中をライヴ会場に変えてしまう圧巻のグルーヴと熱狂を記録したエリス・レジーナの傑作『イン・ロンドン』」の画像2