マドンナの極めつけディスコヒット5曲

マドンナの極めつけディスコヒット5曲
マドンナの極めつけディスコヒット5曲 (okmusic UP's)
82年のデビューから21世紀の現在まで、プロフェッショナルなエンターテイナーとしてファンを沸かせたマドンナ。特に初期のシンセポップはディスコで大成功を収めた。

【その他の画像】Madonna

■時代は変わっても常にトップスターであり続けたマドンナ

マドンナと言えば、説明はいらないほどの世界的トップスターだが、彼女がデビューした時、僕には一発屋ぐらいの印象しかなかった。最初はディスコだけに向けて勝負していたはずなのだが、大ヒットを切れ目なくリリースし、気付けばディスコどころかポピュラー音楽界を代表するビッグアーティストになっていた。彼女自身がディスコ好きであったことと、もともとダンサーであったことが、ディスコでの大きな成功につながったのだと思う。

日本で彼女の名前が広く知られるようになったのは、デビュー曲の「エブリバディ」(‘82)ではなく3rdシングルの「ホリデー」や4thシングル「ラッキースター」(’84)からだ。まだ放送が始まったばかりのMTVで、毎日のようにオンエアされていて、曲の良さはもちろん、MVでのマドンナのキュートさ(今では想像できないと思うが…)もあって、ファンを増やしていた。特に「ラッキースター」は、アメリカで初のダンスチャート1位となり、彼女の快進撃はここから止まることなく続いていくのだ。

これらのヒット曲を含むデビューアルバム『バーニング・アップ』(‘83)は、マイルス・デイビスのバックを務めたレジー・ルーカスと、当時大人気のDJだったジョン・"ジェリービーン"・ベニテスがプロデュースを担当、ディスコ仕様の音作りで当時のシンセポップとしてはかなり完成度の高い作品に仕上がっている。レジー・ルーカスは名曲「ボーダーライン」を提供するなど、このアルバムに大きく貢献している。次作『ライク・ア・ヴァージン』(’84)ではタイトル曲と「マテリアル・ガール」が世界中で大ヒット、アルバムは2000万枚以上のセールスを記録する。この作品ではディスコ音楽に精通しているシックのナイル・ロジャーズが担当し、この作品以降、彼女はディスコでの人気がより高まっていくことになるのだ。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2016年12月6日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。