2022年6月30日(木)、東京・Spotify O-Crestで、3ピースロックバンド・Seven Billion Dotsのラストライブが開催された。

 SOLD OUTとなった会場にSEが鳴り響くと、Ken(Gu)、Lyo(Dr)に続いてMasafumi(Vo&Gu)が登場、「Seven Billion Dotsです。最後までおれららしいRockをやってくんでヨロシク!」の号令を合図にオープニングナンバーの「Till The Day」でのっけから全身で感情をぶつけてくる。「Nightmare」ではクラップやハンズアップでオーディエンスとのコミュニケーションを楽しむと、Kenとサポートベーシスト・永見和也のアンサンブルに思わず体がノッしまう疾走感あふれるナンバー「Play all night long」、ジャーニー感が心地よい「Dive!!」と息つく間もなくアップチューンを続け会場を一体化させていく。

 「本当に今日は訪れてくれてありがとう。出る時からもうキてます。自分たちにしかできない音楽、音を超えた想いを届けたい」とこのライブに込める気持ちを伝えると、「今日というこのライブに素晴らしい風が吹きますように」と爽やかなミドルナンバー「春風」へと続いていく。そこから、Masafumiのギターリフで惹きこんでくる「Maybe I」、「違った道へ進んでも笑っていられるように、メンバーのために」歌った「マイナーロード」と「Flying So High」、強いメッセージ性が込められた楽曲を続ける。”たった一度だけ叫ぶよ I CAN”(Maybe I)、 “迷っていいんだ 見つけに行くんだ 強くなれるよ”(マイナーロード)、”胸に抱いてみた理想は 決して間違いじゃないんだ”行け!“”(Flying So High)、それぞれの曲に込められた想いは、三人が自分を含めた三人それぞれに向けて歌で、音で、伝えあっているように感じた。

この記事の画像

「Seven Billion Dots、4年のすべてを注ぎ込んだラストライブのレポートを公開」の画像1 「Seven Billion Dots、4年のすべてを注ぎ込んだラストライブのレポートを公開」の画像2 「Seven Billion Dots、4年のすべてを注ぎ込んだラストライブのレポートを公開」の画像3 「Seven Billion Dots、4年のすべてを注ぎ込んだラストライブのレポートを公開」の画像4
「Seven Billion Dots、4年のすべてを注ぎ込んだラストライブのレポートを公開」の画像5 「Seven Billion Dots、4年のすべてを注ぎ込んだラストライブのレポートを公開」の画像6 「Seven Billion Dots、4年のすべてを注ぎ込んだラストライブのレポートを公開」の画像7