たった2カ月弱でここまで人は成長を遂げるものだろうか。

 19歳のシンガーソングライター・崎山蒼志が、折坂悠太、Cody Lee(李)、小林私、SASUKE、佐藤千亜紀、スカート、スガ シカオ、Dos Monos、七尾旅人、MOROHA(五十音順)といった、崎山自身がリスペクトして止まない豪華アーティスト陣を招き、6月23日から9都市12公演と全国にまたがる自身初の対バンツアー『人間旅行2022』を開催することを発表。本来であれば本日8月5日(金)の公演でツアーファイナルを迎えるはずだったが、惜しくも新型コロナウイルスの影響により3公演が延期、1公演が内容変更で開催を余儀なくされた。それでも各公演を重ねていく中、それぞれの対バンアーティストからのパワーと熱を感じ取り吸収してきた効果が、その成長速度につながっているのだろう。さらに7月30日(土)に出演した『フジロックフェスティバル’22』での圧巻のパフォーマンスでもそれは形となって表れていた。さらに進化を遂げた崎山と、彼にとって“念願”だった七尾旅人との対バンライブをレポートする。

 2020年2月、東京・リキッドルームで開催される予定だった七尾旅人との2マンライブ。だが残念ながら新型コロナウイルスの影響で公演は中止となってしまった。今夜はまさに当時のリベンジ公演。エモーショナルな奇跡の一夜となった。

 お互いバンドは背負わず、弾き語りスタイルでのパフォーマンス。まず登場した七尾旅人は、自身が10代の時に制作された「おもひで! おもひで!!」や、「七夕の人」「きみはうつくしい」など崎山に捧げるようなセットリストで、唯一無二の世界へとオーディエンスを誘う。ラストには崎山をゲストに招き、「迷子犬を探して」をセッション。2年半越しの競演を楽しむかのように、声と弦を掛け合わせていた。

この記事の画像

「崎山蒼志、憧れの七尾旅人と共演を果たした対バンツアー東京公演のレポートが到着」の画像1 「崎山蒼志、憧れの七尾旅人と共演を果たした対バンツアー東京公演のレポートが到着」の画像2 「崎山蒼志、憧れの七尾旅人と共演を果たした対バンツアー東京公演のレポートが到着」の画像3 「崎山蒼志、憧れの七尾旅人と共演を果たした対バンツアー東京公演のレポートが到着」の画像4
「崎山蒼志、憧れの七尾旅人と共演を果たした対バンツアー東京公演のレポートが到着」の画像5 「崎山蒼志、憧れの七尾旅人と共演を果たした対バンツアー東京公演のレポートが到着」の画像6 「崎山蒼志、憧れの七尾旅人と共演を果たした対バンツアー東京公演のレポートが到着」の画像7 「崎山蒼志、憧れの七尾旅人と共演を果たした対バンツアー東京公演のレポートが到着」の画像8
「崎山蒼志、憧れの七尾旅人と共演を果たした対バンツアー東京公演のレポートが到着」の画像9