楽器を持たないパンクバンド「BiSH」、ANARCHY iN THE IDOL「BiS」など、アイドルながらもパンクマインドを持つアーティストを抱える「WACK」と、MY FIRST STORYクリープハイプ、FACT、SiM、yonigeなど数多くのロックバンドをインディーズから輩出し続ける「JMS」がタッグを組み、“新世代モンスターロックバンドを見つけ出す”をコンセプトに立ち上げたオーディション企画『BRAND-NEW BAND STORY(通称BBS)』。同オーディションの全容を追ったドキュメント番組『BRAND-NEW BAND STORY』が8月31日(水)より無料動画配信サービス「GYAO!」、SPACE SHOWER TVにて順次配信、放送されることが決定した。


渡辺淳之介(WACK)x KTR(JMS)の両プロデューサーがプロジェクトを始動させた2022年5月から8月上旬に行われた最終ライブ審査までオーディションの全容を「GYAO!」では全8回、スペースシャワーTVでは全4回とそれぞれ異なった視点から届けられる。なお、スペースシャワーTVでは各エピソード放送直後にスペシャオンデマンドにて随時、配信も実施。

8月31日(水)に「GYAO!」で配信予定の「#1」では企画立ち上げから緊急生配信、エントリー募集から第一次審査までを総括。両プロデューサーに加えて佐々木健(日本コロムビア)、鹿野淳(MUSICA / VIVA LA ROCK)、大橋竜太(TOKYO FM”SCHOOL OF LOCK!”プロデューサー)といった音楽業界第一線のメンバーで構成された審査員の意気込みやエントリー期間を2週間に限定した狙いや、渡辺プロデューサーが合宿審査にこだわり続けるわけなどコンセプトを深掘りした内容は、エンタメとして楽しめるだけでなく、音楽業界を目指す人にとっても必見のコンテンツとなるはずだ。

日本コロムビアからメジャーデビュー、10月21日に東京・渋谷SpotifyO-EASTで開催されるBiSHとMY FIRST STORYとのライブ出演、さらに11月23日に開催『REDLINE ALL THE REVENGE』のO.A出演や2023年開催『VIVA LA ROCK 2023』への出演など音楽業界の結集した全面バックアップを勝ち取るグランプリバンドは一体、誰なのか? オーディションの行方に最後まで目が離せない!

【配信・放送 概要】

■「GYAO!」配信情報
番組タイトル:「BRAND-NEW BAND STORY」(全8回)
配信日時:2022年8月31日(水)18:00~初回配信 ※以後、毎週水曜日更新予定
出演:渡辺淳之介(WACK)/ KTR(JMS)/貴島明日香 /庄村聡泰、他
URL:https://yahoo.jp/7trf4M
■「SPACE SHOWER TV」放送情報
番組タイトル:「BRAND-NEW BAND STORY」(全4回)
放送内容:プロジェクト・オーディションの発足から一次選考の様子とその裏側を独占放送
放送日時:2022年9月6日(火)23:00~初回放送
出演:渡辺淳之介(WACK)/ KTR(JMS)/貴島明日香 /庄村聡泰、他
URL:https://www.spaceshowertv.com
各エピソード放送同時にスペシャオンデマンド配信開始・スペシャオンデマンド:https://vod.spaceshower.jp

【BRAND-NEW BAND STORYとは】

楽器を持たないパンクバンド「BiSH」、ANARCHY iN THE IDOL「BiS」など、アイドルながらもパンクマインドを持つアーティストを抱える「WACK」と、MY FIRST STORYやクリープハイプ、FACT、SiM、yonigeなど数多くのロックバンドをインディーズから輩出し続ける「JMS」がタッグを組み、新たなロックバンドに出会い、世の中に送り出すロックバンドに特化したオーディション番組。

■番組公式HP:https://brandnewbandstory.com/
■番組公式SNS:
YouTube(https://www.youtube.com/channel/UCfcyno9Ava2eMT-lU5KoQDQ)
Twitter(https://twitter.com/BBS_WACK_JMS)
Instagram(https://www.instagram.com/brandnewbandstory/)
Tik Tok(https://www.tiktok.com/@brandnewbandstory)
■ハッシュタグ:#BBS
<審査員>
渡辺淳之介(WACK)
KTR(JMS)
佐々木健(日本コロムビア)
鹿野淳(MUSICA / VIVA LA ROCK)
大橋竜太(TOKYO FM”SCHOOL OF LOCK!”プロデューサー)
田中和宏(音楽ナタリー編集部)
<特別審査員>
セントチヒロ・チッチ(BiSH)
HARUNA(SCANDAL
GEN(04 Limited Sazabys)
Hiro(MY FIRST STORY)
ハンバーグ師匠(スピードワゴン井戸田)
Yosh(Survive Said The Prophet)
北島康雄(四星球)