ASIAN KUNG-FU GENERATIONが真っすぐにリスナーとの繋がりを訴えた『君繋ファイブエム』

12月17日より、結成20周年ツアー『ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2016-2017 「20th Anniversary Live」』がスタートするASIAN KUNG-FU GENERATION。11月には2014年に発表した2ndアルバム『ソルファ』を新たなアプローチで再録した作品をリリースしたばかりで、相変わらず慣例に捕らわれず、独自のペースで活動を展開しているのは何とも彼ららしいところだ。本コラムでも『ソルファ』を…と言いたいところだが、この作品についてはメンバー自身が様々な媒体で解説しているので、ここはメジャーデビュー作『君繋ファイブエム』でASIAN KUNG-FU GENERATIONというバンドの歴史を振り返ってみたい。

【その他の画像】ASIAN KUNG-FU GENERATION

■遅咲きのメジャーデビュー

ASIAN KUNG-FU GENERATION (以下AKG)は大学の軽音楽部員に同士よって1996年に結成された。メジャーデビューは03年で、初の公式音源であるミニアルバム『崩壊アンプリファー』にしても02年の発売だから、結成から表舞台に出るまで6~7年を有している。後藤正文(Vo&Gu)、喜多建介(Gu)、山田貴洋(Ba)の3人が楽器を始めたのはバンドを組む3カ月前頃だったというから、それもまた仕方なしといった具合だったのだろうが、結構な遅咲きであったことは間違いない。しかも、大学卒業後、会社員を続けながらAKGをやっていたというのだから──この言葉が合っているかどうか分からないが、いい意味でかなり“執念深い”若者たちではあったようだ。何でも上記3人にとって初めて組んだバンドがAKGであったということもあって、思い入れも一入だったのだろう(ちなみに、伊地知潔(Dr)は中学生の頃から全国レベルのマーチングバンド部で活動していたそうだ)。その間、心が折れそうになる瞬間も一度や二度ではなく、何度もバンドを止めかけたそうだが、地道にライヴ活動を展開。オンボロの車に機材を積んで各地へ足を運び、自主制作音源をライヴハウスで手売りしていたという。ライヴバンドとして真っ当すぎる活動…いや、愚直と言い換えてもいい行動だが、今となると、それもAKGらしい動きだったと言える。
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月14日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。