GLAYのボーカルTERUが生まれ育った北海道・函館で自身初の作品展『音の可視化』を開催! 会場はGLAYが高校生時代のホームグラウンドとしてライブ活動をしていた「あうん堂ホール」。コロナ禍においてTERUはホールが実施したクラウドファンディングに参加、そのリターンである「ホール貸切&配信ライブパック」を使った配信ライブを行なったことでも話題になった。


『音の可視化』ではGLAYのボーカルとして35年活動するTERUが自分の歌を音と捉え、可視化したらどう表現できるのか、ボーカリストならではのテーマでTERUがこれまでに描きためた絵画の数々が展示される。さらに、会場内ではTERU本人による作品の解説をラジオ形式で放送。目と耳の両方で作品を楽しむことができる内容となっている。

是非、GLAY思い出の場所に足を運んで、アーティストTERUが描いた世界観を体感してほしい。

『音の可視化』

<会場>
あうん堂ホール
〒040-0035 北海道函館市松風町8-6 2F
<開催日程>
■日程:2023年
5月31日(水)
6月1日(木)
6月2日(金)
6月3日(土)
6月4日(日)
6月5日(月)
■時間:1時間45分入れ替え制
1.11:00~12:45
2.13:00~14:45
3.15:00~16:45
4.17:00~18:45
5.19:00~20:45
6. 21:00~22:45 ※6/1(木)・6/3(土)・6/4(日)のみ

<チケット>
1,000円(税込)+別途1ドリンクオーダー制
※4月27日(木)15:00~順次販売予定