SHAKALABBITSがバンドシーンを盛り上げた『CLUTCH』

SHAKALABBITSがバンドシーンを盛り上げた『CLUTCH』
『CLUTCH』(’04)/SHAKALABBITS (okmusic UP's)
2016年12月、SHAKALABBITSのオフィシャルサイトにおいて“SHAKALABBITSより重要なお知らせ”として、2017年内をもってバンドが無期限に活動を休止することが発表された。すでに、Project Nyxの第16回公演『時代はサーカスの象にのって』への参加(1月19日~23日)。2月14日には東京キネマ倶楽部にてアコースティックライヴの開催。そして、4月上旬には5年振りとなる通算8枚目のフルアルバムのリリースとそのリリースツアーの開催(5月13日~)が発表されており、そのファン、リスナーへけじめを示そうとする姿勢は何とも彼女ららしくはあるが、活動休止は残念な出来事であることは間違いない。今回はそのSHAKALABBITSの軌跡を振り返る。

【その他の画像】SHAKALABBITS

■バンドシーンの端境期に出現

ロックシーンを彩ってきたバンドがまたひとつフェードアウトすることとなった。2002年のメジャーデビュー後、幾度かのレーベル移籍、メンバーチェンジを経てきたSHAKALABBITSが今年その活動に終止符を打つ。彼女らの活動を振り返ってみると、何と言うか…上手く言葉にできないが、“よくぞここまで…”とその労をねぎらいたくなってくる。音楽コラムにおいて、したり顔でこんなことを言うのもイヤだが、CD不況が言われて久しい音楽業界。CD販売枚数は1998年をピークに、2010年代に若干持ち直したものの、全体的には右肩下がりが止まることはなく、現在の市場規模はピーク時の半分以下に縮小した。SHAKALABBITSの結成は1999年。前年に引き続き、CD販売は好調でミリオンヒットも数多く生まれた年だ。だが、彼女らがデビューした2002年にはそれも激減。年間アルバムのミリオン作品は前年の22作から7作と大幅減し、シングルのミリオンセラーは浜崎あゆみの「H」1作のみだった。時代はディーヴァ全盛期。浜崎の他、

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2017年1月11日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。