BLUE ENCOUNT、ショーケースイベントでコントラストのついた2ステージを展開

BLUE ENCOUNT、ショーケースイベントでコントラストのついた2ステージを展開
1月14日@豊洲PIT(2部) (okmusic UP's)
BLUE ENCOUNTが1月14日に豊洲PITにて、KDDIとぴあが手掛けるエンタメサイト「uP!!!」がお送りするショーケースイベント「uP!!!NEXT BLUE ENCOUNT ~HERO NEVER END」を開催した。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

2部構成となる今回、「静寂の椅子エン」と題した第一部はバンドにとっても、会場である豊洲PITにとっても、初のアコースティック・セットかつ、センターステージというレアな構成だ。暗転と同時にスポットライトがフロアを照らし、メンバーはプロレス入場というサプライズ。田邊駿一(Vo,Gt)が「今日はゆっくり楽しんで」と、初の試みに戸惑いがちなファンの緊張をほぐすように語りかけ、オープナーは「SMILE」。江口雄也(Gt)はもちろん、ベースの辻村勇太もアコギを持ち、そして高村佳秀(Dr)はカホンという編成で、メロディはもちろん4人が曲をどう捉え、演奏しているのかが手に取るように分かる。「ラジオみたいな気分でいい意味ユルく行きましょう」と、いつも以上にMC多めで進行していく。このスタイルがハマる「だいじょうぶ」に続き、レア選曲の「LIFE」では江口の哀愁味溢れるフレージングや、辻村がウッドベースを持っただけでフロアがどよめいた「YOU」など、ミュージシャン・BLUE ENCOUNTの軸の太さや成熟も垣間見せ、アコースティックセットならではの見所が随所に溢れる。逆にアコースティック・アレンジが想像しにくい「LAST HERO」は、怒りや熱さとは違うベクトルでこの曲を鳴らす姿を見た。加えて、ラスト2曲では楽器をエレクトリックに持ち替え、高村もドラムセットに付いて届けた「EVE」。アルバム『≒』収録曲としてファンには人気の高い、しかしライブでの披露は相当レアなナンバーだ。エレクトリックだが、圧が少ないアンサンブルで、細部に心を通わせる演奏を浮き彫りにする。それはラストの「はじまり」でさらに会場の隅々まで行き届くように、温もりを伝えていった。「改めて自分たちの曲を尊いなと思えました。いい新年のスタートを切れたと思います」と感謝を述べ、アンコールではニューアルバム『THE END』のアルバム曲として、最速となる「涙」を演奏。エモーショナルで泣けるバンド、BLUE ENCOUNTとは一味違うこのアプローチは、2017年の第一歩としてチャレンジングかつ良い選択だった。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2017年1月15日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。