日本ロック史上最高のトリックスター、THE TIMERSの絶品『TIMERS』!

メンバー4人とも土木作業用ヘルメットを被り、手ぬぐいで鼻から下を覆った新左翼活動家のようなエキセントリック出で立ちで、徹頭徹尾、反体制のナンバーを演奏し続けたバンド、THE TIMERS。スタジオ録音盤は『TIMERS』1作品しか発表していないし、活動期間は1988年、1994年、2005年の延べ3年間程度であったものの、今もなお、ロックファンの間で語り草となっている存在である。その唯一無二の代表作『TIMERS』とは、どんなアルバムであったのか?

先月、安保関連法案が成立した。この法律の是非をここで論じるつもりはさらさらないが、音楽的な側面から言うと、国会前での反対デモに参加していた学生たちがラップを…厳密に言うとラップの影響下にあるシュプレヒコールを挙げていたのが個人的には印象に残っている。“サウンドデモ”とも連動する、その手法については、筆者はヒップホップに明るくないので詳しく語ることは避けるが、こうした反戦の思想、あるいは反権力の思想は、やはり音楽と結び付きやすいという点はかなり興味深かった。ベトナム戦争当時の反戦フォークがそうだし、歴代、反戦、反権力を表明してきたロックも多々ある。ジョン・レノンはその最右翼だろうし、イラク戦争に対する憤怒が表現されたGreen Dayのアルバム『American Idiot』辺りも鮮烈に記憶に残っている。日本においては先週紹介したMONGOL800
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク