DISH//が、日産自動車とのコラボレーション企画『Drive Letter』を始動し、同企画のために書き下ろしたオリジナル楽曲「Dreamer Drivers」のMVを11月30日(木)20時より、DISH//のオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開することがわかった。

同企画は、「クルマを通じて少しでも多くの人の背中を押したい」という日産の想いから、若い世代を中心に支持を集めるDISH//とのコラボレーションが実現した。


MVは、メンバーの4人が1人の若者として、“いま本当に会いたい人達”に、想いを綴った手紙とともにクルマで会いに行く様子が描かれており、時には悩み、迷いながらも、一歩前へと踏み出す彼らのリアルな姿が見どころの作品に仕上がっている。歌詞には、作詞を担当した北村匠海 (Vo&Gu)が実際にドライブ中に感じた言葉が散りばめられており、一歩踏み出す勇気を応援する歌詞とドライブに出掛けたくなるような疾走感溢れる一曲に仕上がった。

この他に、MVでの各メンバーの心境を描いたスペシャルムービー「Drive Letter」と、DISH//のメンバーたちとドライブしているかのような体験ができる没入型ドライブムービー「A cappella Drive inspired by 360°safety assist」が、日産公式YouTubeチャンネルにて同時公開される。

SNSでは、MVで描かれたストーリーを実際に体験できる「My Drive Letter」キャンペーンも順次開始となるので、お見逃しなく!

今回の発表前からDISH//のメンバーがそれぞれのInstagramに“謎の手紙”を投稿したことで話題となっていた同企画。「11月30日に何かある?」「もしかして新曲発表?」などとSNSでも盛り上がっていた。

シングル「Dreamer Drivers」は、12月1日(金)に配信リリースされる。


【DISH// インタビュー】

──今回のMV撮影を終えての感想と、見どころを教えてください。

北村匠海(Vo&Gu):今回のMVは、僕たち自身が会いたい人に手紙を書いて実際に会いに行く構成になっていて、DISH//としては新鮮ですね。そういうストーリーの中で演奏しているシーンもあるし、天候にも恵まれて曲の爽やかさにぴったりなMVになっているかなと思います。あとは、それぞれ個別で会いに行っているので、正直分からない全貌も僕たち自身あり、今までメンバーが個別に別の場所で撮影したり、別の誰かと撮影をしたことがなかったので、僕たち自身未知数な部分も含めてすごく楽しみなMVです。

──MVではメンバーそれぞれの「会いたい人」にお手紙を渡しに行っていただきました。それぞれお相手との関係性やエピソードを教えてください。


橘柊生(DJ&Key):僕は小学生の頃のダンスの先生。お二人いるんですけど、どちらともお世話になっていて、その頃のダンスを始めてから、音楽も好きになりました。

泉大智(Dr):僕はドラムの師匠に手紙を書いたんですけど、そもそも僕が加入する前にDISH//のサポートのドラムを叩いてくれていた人で、10代からお世話になっている方にあらためて手紙を書きました。

北村:僕は月川翔監督に書かせていただきました。出会いは中学1年生の時、MVの撮影に当時オーディションで選んでもらって、自分が初めて主演した作品の時には月川さんから『僕と北村匠海の人生を変える作品だと思っています』という内容のお手紙をいただいて、今回はそのお返しという思いで選ばせていただきました。

矢部昌暉(Cho&Gu):僕は弟です。
全然会ってなくて、ずっと仲が悪かったので、最近は大人になって喋るようにもなってきたから、良い機会だなと思って弟に会いに行きました。弟は表に出る仕事があまり好きじゃなくて不安だったけど、快くオッケーしてくれて、お兄ちゃんしてきました(笑)。

──「クルマ」や「ドライブ」にまつわるこれまでの思い出やエピソードはありますか?

北村:僕なんかはみんなの送迎を基本的にやらせてもらっています!(メンバー)一人ひとりの送迎を(笑)

橘:申し訳ないけど、足として使ってます(笑)

北村:趣味“送迎”でやらせてもらっています(笑)僕も弟がいるんですけど、弟の送迎、父母の送迎、メンバーは言うまでもなく(笑)運転が好きで、そもそも中学の時からクルマが好きだったので、快くオッケーしてます、僕も。

矢部:僕はドライブが好きで、うちの家が車を持っていなかったので、小さいときから車に乗りたい意識がすごく強く、18歳になってすぐ免許を取って、今はほぼほぼ空いてる時間があったらドライブに行ったりしてます。あとは楽曲の歌詞とか舞台のセリフとか、車の一人の空間でドライブしながら覚えています。

北村:今回の歌詞はドライブしながら作りました。
家だと全く出てこなかったので運転しようと思って、思い浮かんだら駐車場入って書いて、また駐車場出て走ってを繰り返してました。

橘:(ツアーなどで)背もたれも倒せないようなキチキチの車にみんなで乗っていたとき、時にはみんなで会議したり、ときにはみんなで笑ったりしながら過ごしたのは思い出に残ってますね。

北村:今でもみんなで一緒に車に乗るときは席が決まっているんですよ。もう暗黙の了解で、前に昌暉と柊生、後ろが大智と僕。あともう少し大きめの車のときは、柊生が一番前で、一番後ろに僕たち3人が並ぶっていう(笑)柊生だけなぜか遠いんですよ。

橘:理由は、足をちょっとだけ伸ばせるから(笑)

──もしメンバーの誰かひとりと一緒にドライブするとしたら、誰と行きたいですか?その理由と想定のシチュエーションも合わせてお答えください。


【フリップ回答】
橘柊生 :「矢部昌暉/知らん場所につれてかれそう」
泉大智 :「矢部昌暉/静岡」
北村匠海 :「矢部昌暉/どこでも良いヨ。」
矢部昌暉 :「泉大智/遊園地早く行こーやー。」

橘:大智も書いてるんですけど、昌暉といえば静岡の感じがあるんです。だから、今日任せるわって言ったら静岡に連れていかれそうなイメージがあります。

泉:そう、気付いたら昌暉って静岡にいるんですよ。こっちが気を抜いたらいるんで、それに同乗したいなという気持ちはありますね。

矢部:静岡というか、オフがあれば静岡とか、山梨とか、栃木とか、すぐふらっと行っちゃうんですよ。

北村:僕的には柊生も大智も送迎しすぎたので、僕が昌暉を送ります。
意外と車内でメンバーと二人の時間って結構好きで、すごい軽い話で終わるときもあれば、深い話をするときもあるし。ただ二人(橘柊生・泉大智)とは乗りすぎたので、昌暉が“匠海タクシー”を使いたいという時はいつでも行きます。(笑)

矢部:僕は大智ですね、3~4年前くらい前から(遊園地に)ずっと誘ってるんですけど、一生行ってくれないんですよ。

──最後にMVや楽曲に込めた想いを、視聴者の皆様にメッセージお願いします。

北村:今回は“夢”というところにフォーカスを当てて、小さくても大きくても、子どものときでも今でもいいんですけど、誰しもが夢って持ったことあると思うんです。それがどんなに馬鹿馬鹿しくても、どんなに誰かに笑われても、叶うとか叶わないとかじゃなく、『夢を持つことって素晴らしいよね』と思っています。特に僕たちより若い人も、誰でも夢を持っていいんだよということを歌詞に落とし込みつつ、ドライブ要素を入れて、右折だったり左折だったりUターンがあったり、真っ直ぐな道じゃなくてもいいじゃんというところも考えながら、若者の背中、そして自分達の背中を押せるような曲を書かせていただきました。

【日産担当者 コメント】

この度、日産の「クルマを通じて少しでも多くの人の背中を押したい」という想いから、若い世代を中心に熱い支持を集めるDISH//とのコラボレーションが実現し、「一歩踏み出す勇気を出して会いに行く」をテーマに、DISH//による新曲「Dreamer Drivers」を書き下ろしていただきました。「ドライブ」と「人生」を重ね合わせた歌詞は、決してまっすぐな一本道だけではない、誰かの人生を後押しするような楽曲となっています。MVとスペシャルムービーでは、 DISH//のメンバー4人がそれぞれクルマに乗って、自分らしく、一歩踏み出していくストーリーが描かれています。ぜひこの機会にご視聴ください。

配信シングル「Dreamer Drivers」

2023年12月1日(金)リリース

■配信リンク
https://dish.lnk.to/DreamerDrivers

作詞:北村匠海
作曲:泉大智

◎「My Drive Letter」キャンペーン
会いたい人や行きたい場所、叶えたい夢を日産自動車公式Xアカウントから募集。応募者の中から最大30名に日産の電動車両を気軽に利用できるカーシェアサービス「NISSAN e-シェアモビ」のクーポンをお届けする。
応募期間 : 2023年12月1日(金)~12月8日(金)
詳細:https://www.nissan.co.jp/SP/DriveLetter