今年結成50周年を迎えたTHE ALFEEが12月23日と24日の2日間、日本武道館でのライブを開催した。

2階最上席までぎっしりと埋め尽くされ、熱い声援を送る10,000人の観客を前にステージに立った3人。
23日は日本武道館公演100回目という、バンドとしては日本人初の快挙を成し遂げた記念すべき日となった。

「日本武道館は83年から毎年やってきて、あれから40年、長く積み重ねてやっている集大成としてこの武道館、今日で100回目です。こうやって100回できたのも皆さんのおかげです。僕らの曲を見つけてくれて、そして僕らのコンサートを選んでくれて、本当に感謝しかありません。」(高見沢)

名曲「星空のディスタンス」からシングル57作連続オリコンTOP10入りを果たした最新曲「鋼の騎士Q」を含め12月23日、24日の2日間で合計35曲を披露。そして、「LONG WAY TO FREEDOM」では高見沢が宙を舞うサプライズ演出もあり、会場のファンが歓喜に包まれた。

さらに24日のアンコールでは谷村新司との共作「天使の伝言~TASUKI~」(作詞:谷村新司/作曲:高見沢俊彦)をTHE ALFEEとしてライブで初披露し、多くのファンに感動を与えた。


1983年8月24日、初めて日本武道館のステージに立ってから40年、公演数は12月24日現在で101本、バンドとしては首位の記録を引き続き更新! また、コンサート総本数も2888本(12/24日時点)と、こちらもグループ最多公演記録を更新した。

今年は12月20日に結成50周年を記念して、「SINGLE CONNECTION & AGR - Metal & Acoustic -」もリリース。精力的な1年となった彼らにとって来年はデビュー50周年の年となる。ライブバンドとして誰も成し遂げていない記録への挑戦に突き進むTHE ALFEEにますます注目したい。

photo by 上飯坂一