四人囃子が『一触即発』で示した欧米に劣らない高品質な日本のロック

四人囃子が『一触即発』で示した欧米に劣らない高品質な日本のロック
『一触即発』(’74)/四人囃子 (okmusic UP's)
1月25日に『四人囃子アンソロジー ~錯~ 』が発売された。現在、絶版となっているBOXセット『From the Vaults』『From the Vaults 2』から厳選した楽曲をリマスタリングされている他、代表曲「一触触発」「おまつり(やっぱりおまつりのある街へ行ったら泣いてしまった)」の“alternate version”を初収録。また、未発表のライヴ映像も豊富に収められており、ファン垂涎のアイテムと言える。本コラムでは、その四人囃子のデビュー作『一触即発』を取り上げ、時代背景とともに解説してみようと思う。

【その他の画像】四人囃子

■国産ロックがアングラだった70年代前半

本コラムは“これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!”なるタイトルであるので、ここで紹介するアルバムはどれもこれも聴き逃してほしくはない作品ばかりであるが、「これを聴かないのはほとんど犯罪的」とすら言いたくなる、マスト中のマスト、究極の名盤と言うべきものもある。今回紹介する四人囃子の『一触即発』は間違いなく、そのひとつだろう。人によっては邦楽オールタイムベストに選ぶ人もいるだろうし、邦楽ロックのマスターピースと呼んでも過言ではない。未体験の読者は今からでも遅くないので、すぐさま音源入手に動いたほうがいい。拙文を読むよりもずっと有益だ。

『一触即発』の発売は1974年。まず、この年の音楽シーンがどうだったかを振り返ろう。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2017年1月25日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。