ラテン・ポップの極めつけディスコヒット5曲

ラテン・ポップの極めつけディスコヒット5曲
ラテン・ポップの極めつけディスコヒット5曲 (okmusic UP's)
70年代後半になるとユーロビートやポップス系など、さまざまなタイプの曲がディスコでオンエアされるようになるが、最もアゲアゲな気分になるのはラテン系のリズムだった。

【その他の画像】Sheila E.

1978年、フランク・シナトラのようなバラディアーとして知られるバリー・マニロウがディスコ向けにリリースした「コパカバーナ」が大ヒットし、ラテンのリズムがディスコに向いている(まぁ、当然といえば当然だけれど…)ということで、次々にラテン系ミュージシャンがディスコに動員される。ディスコに迎合しないアーティストでも、ラテン系のリズムを取り入れていればディスコで受けた。この流れはディスコがクラブシーンに移行しても変わらず、リッキー・マーティンやシャキーラらの人気へとつながっていく。ディスコでは、いつだってラテン系のナンバーが大人気なのである。

それでは、ラテン系リズムが登場するに極めつけのディスコヒットを5曲セレクトしてみよう。

■1.「コパカバーナ(原題:Copacabana(At The Copa))」(‘78)/バリー・マニロウ

バリー・マニロウはユダヤ系アメリカ人の歌手、ソングライター、プロデューサーである。ジュリアード音楽院を出ているだけあって、ポップスからミュージカル、映画音楽までをこなすプロフェッショナルな音楽家だ。その彼がラテンっぽいこの曲を作り歌ったのは、間違いなく「1発当ててやろう」というスケベ心によるものだと思う。が、これほどのヒットになるとは本人にも想像できなかったのではないか。全世界で大ヒットし、1発どころか100発ぐらいの大当たりとなった。日本人好みの哀愁感漂うメロディーと、ゴージャスなラテンのリズムで、ディスコでもヘビーロテーションだった。ストリングスはバリー・ホワイトっぽいノリだし、ヴォーカルはラテンの軽さでないアメリカ独特のバラディアー的歌唱で「どこがラテンやねん!」と突っ込みたくなるのだが、プロの音楽家というのは、それっぽく聴かせるだけの力量があるからすごい。彼はグラミー賞(この曲で受賞)をはじめ、多くの音楽賞を獲得、アメリカで最も売れたアーティストの一人となった。ラスベガスのショーが似合うタイプの歌手である。

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKMusicの記事をもっと見る 2017年2月14日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スティービー・ワンダー」のニュース

次に読みたい関連記事「スティービー・ワンダー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スティーヴィー・ワンダー」のニュース

次に読みたい関連記事「スティーヴィー・ワンダー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「デヴィッド・ボウイ」のニュース

次に読みたい関連記事「デヴィッド・ボウイ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。