ポール・マッカートニーが全来日公演で、ジミ・ヘンドリックスを追悼する理由と背景

ポール・マッカートニーが全来日公演で、ジミ・ヘンドリックスを追悼する理由と背景
ジミ・ヘンドリックス (c)Ken DavidoffAuthentic Hendrix LLC(okmusic UP's)
11年ぶりのジャパンツアーで日本中を沸かせ、いよいよ11月21日(木)の東京ドームでツアー最終日を迎えるポール・マッカートニー。そんな彼が全公演で「ジミ・ヘンドリックスに捧ぐ」と言って演奏している特別な演目がある。ポールは、自身の「レット・ミー・ロール・イット」という楽曲の最後に、ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの「フォクシー・レディ」をつなげてメドレー演奏しているのだ。27歳で亡くなりながらも今も伝説として語り継がれるジミヘンを、同年代の生ける伝説のポールが追悼している理由と背景とは……。

【その他の画像】Paul McCartney

ファンの間では有名な話だが、ポールとジミはジャズの帝王=マイルス・デイヴィスらと共に空前絶後のスーパーバンドを組む寸前だった。ジミが亡くなる1年前の1969年に、アラン・ダグラスをプロデューサーに、ジミとマイルス、そして当時のマイルスのバンドでドラマーを務めていたトニー・ウィリアムスの3人がレコード制作を計画していて、その企画の中でポールにベーシストとしてバンドに加わるよう正式な依頼が出されていたのだ。結局、ポールがスコットランドで休暇中であったため、バンド実現には至らなかったものの、その電報はプラハのハード・ロック・カフェによって落札、展示されている。ロックの神様によるボタンの掛け違いによっては、2人はバンドメイトになっていたかもしれない。それほどに深いポールとジミの間柄を示すほかの事象として、ジミがギターに火をつけて伝説となったモントレー・フェスティヴァルの一件が挙げられる。11月20日に発売されたジミの最新DVD『ヒア・マイ・トレインAカミン』の中で、ポールはこのように証言している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ポール・マッカートニーのプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る 2013年11月21日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「X JAPAN」のニュース

次に読みたい関連記事「X JAPAN」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松任谷由実」のニュース

次に読みたい関連記事「松任谷由実」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「久保田利伸」のニュース

次に読みたい関連記事「久保田利伸」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら