八代亜紀、​プロジェクションマッピングを駆使したMVで15歳の“自分”と対面!?

八代亜紀、​プロジェクションマッピングを駆使したMVで15歳の“自分”と対面!?
「ヤシロジェクションマッピングLIVEプロジェクト」 (okmusic UP's)
​10​月​28​日にプロデューサーに寺岡呼人を起用した​初のブルースアルバム『哀歌-aiuta-』をリリースする八代亜紀が、アルバム収録曲​​「Sweet Home Kumamoto」のミュージックビデオを​公開した。

【その他の画像】八代亜紀

撮影は​​八代亜紀の故郷、熊本県八代市にあるキャバレー「ニュー白馬」で行なわれ、「ヤシロジェクションマッピングLIVEプロジェクト」と名付けられた、​​​​プロジェクションマッピングの技術を駆使したライブスタイル​の映像となっている。

アルバムの最後を飾るこの楽曲は、伝説のブルースシンガー、ロバート・ジョンソンの名曲「Sweet Home Chicago」のカバー曲​で、​八代の発案により、故郷・熊本への愛情を歌った日本語詞の楽曲へと生まれ変わ​った​​。歌詞の中には、今回の撮影場所であるキャバレー・白馬はもちろんのこと、「くまもん」「新幹線・さくら」「球磨川」「阿蘇」「不知火海」といった熊本に纏わる言葉が多数登場し、誰もが心に持つ故郷を想う楽曲に仕上​がっている​。

​​西日本随一のキャバレーである「ニュー白馬」は、八代亜紀の故郷、熊本県八代市で​50​年以上営業を続ける現役のキャバレー​。クラブシンガーを目指していた当時​15​歳の八代亜紀が、年齢を偽って出演し初めて人前で歌を歌ったステージ​だ​。スピーカーから流れる自分の声が観客を感動させたこの時の体験をきっかけに、八代は「

あわせて読みたい

気になるキーワード

八代亜紀のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る 2015年10月19日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ポルノグラフィティ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルノグラフィティ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「YUKI」のニュース

次に読みたい関連記事「YUKI」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「湘南乃風」のニュース

次に読みたい関連記事「湘南乃風」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。