PRIMAL SCREAMの『Screamadelica』は90年代のUKロックを象徴する実験作

PRIMAL SCREAMの『Screamadelica』は90年代のUKロックを象徴する実験作
PRIMAL SCREAM『Screamadelica』のジャケット写真 (okmusic UP's)
PRIMAL SCREAMのボビー・ギレスピーが自身が影響を受けた、ビーチボーイズやザ・バーズなど60年代から70年代の楽曲を収録したコンピレーション盤『Bobby Gillespie Presents Sunday Mornin' Comin' Down』をリリースする。新しい要素を取り入れながらも、ルーツミュージックへの愛情が常に根底に流れているPRIMAL SCREAM。そんな彼らの名盤であり、当時の音楽シーンに影響を与え、90年代ロックを象徴するアルバムの中の一枚と評価されているのが91年にリリースされた『Screamadelica』だ。

■91年の来日公演の思い出

 まず、なぜこのアルバムをピックアップしたかと言うと『Screamadelica』がリリースされた91年にPRIMAL SCREAMが来日し、その時にクラブチッタ川崎でライヴを観る機会に恵まれたからだ。さらに、なぜチケットを買って観に行ったかと言うと、PRIMAL SCREAMの「Ivy Ivy Ivy」という曲をPVで見て甘酸っぱいメロディーのロックンロールがカッコ良かったからという単純な理由だった。が、『Screamadelica』をまだ聴いていなかったのと「気になるな、このバンド」という勘だけで観に行ったので実際、生でPRIMAL SCREAMを観て「ダンスミュージック? ハウス?」と驚いたのを覚えている。が、クラブミュージックのアプローチを取り入れながらも根底に流れているのは紛れもなく

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2015年10月23日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。