ロックシンガー、ショーケンの第一歩となったマイルストーン『DONJUAN』

ロックシンガー、ショーケンの第一歩となったマイルストーン『DONJUAN』
拡大する(全1枚)
『DONJUAN』/萩原健一 (okmusic UP's)
ショーケンこと萩原健一。俳優として大成功したせいか、ロックシンガーとして語られる機会は減ってきたが、日本を代表するロックシンガーの一人である。その魅力を、もっとも音楽活動が充実していた80年代の第一歩となった隠れた名盤とともに振り返ってみたい。

稀代のロックシンガー、 萩原健一のカッコ良さ

ロックの名盤ガイドの類では、ショーケンと言えば、大概、79年発表のライヴアルバム『熱狂雷舞』ということになっているが、そうなんだろうか?という疑問をずっと拭えずにいる。もちろん、『熱狂雷舞』は彼の代表作のひとつに違いないと思う。しかし、誰が何と言おうと、これこそがロックの名盤だと断言するには、時代の反映なのか、アダルト・オリエンテッドなサウンドが個人的には、どうにもしっくりこない。
『太陽に吠えろ!』('72~'73)で演じたマカロニ刑事役をきっかけに俳優として、すでに成功していたショーケンが再び音楽活動に取り組み、77~79年に立て続けにリリースしたアダルト・オリエンテッドな作風の『Nadja』3部作の物足りなさに比べれば、狂おしい歌唱とハーモニカの演奏で、まさに“雷舞”という表現が相応しいものに生まれ変わらせた『Nadja』の収録曲の数々からは、その後の活躍を予感させる十二分な凄みさえ感じられ、アダルト・オリエンテッドな魅力も含めたスケールのデカさがショーケンはロックなんだと思う。

とは言え、『熱狂雷舞』のリリースから36年が過ぎた今、『熱狂雷舞』の帯に記されているように“スピリットがロックだ”と言っても、その後のロックシーンの変化を思えば、どれだけ説得力があるだろうか。しかも、前述したマカロニ刑事や『傷だらけの天使』('74~'75)の探偵事務所の調査員・木暮修役を通して、70年代のショーケンが体現していた時代を象徴するアウトローとしての抜群のカッコ良さや影響力を知らない人たちに改めて、稀代のロックシンガー、萩原健一のカッコ良さを伝えるなら、もっとストレートにロックと言えるアルバムを紹介したほうがいい。
編集部おすすめ
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク