Angeloが主催イベントでD'ERLANGER、cali≠gari、lynch.、DIAURAと競演

Angeloが主催イベントでD'ERLANGER、cali≠gari、lynch.、DIAURAと競演
「THE INTERSECTION OF DOGMA」(8月5日@Zepp Diver City)【Angelo】 (okmusic UP's)
4回目を迎えるAngelo主催のイベント『THE INTERSECTION OF DOGMA』が、8月5日にZepp Diver Cityで開催された。

【その他の画像】Angelo

毎回、世代を超えた個性派バンドが集結する本イベントだが、今年もD'ERLANGER、cali≠gari、lynch.、DIAURAとエッジのきいた濃い顔ぶれが、猛暑の夏にふさわしい熱いステージを繰り広げた。

「独裁の庭へようこそ!」と挨拶したDIAURAはいちばんの若手ながら、ヘヴィ且つソリッドな演奏でオーディエンスを巻きこんでいった。Angeloのイベントに出演するのが何年も前から念願だったというyo-ka(Vo)は「キリトさんがいなかったらステージで歌うことはありえなかった」とリスペクトを表明しつつ、臆することなく攻めのアティチュードを貫いた。

続いてクラップの中、登場し、「ようこそ! 処刑台へ!」と叫んだのは本イベント皆勤賞のlynch.だ。ラウドで激しいサウンドの中に美しさと狂気を内包した彼らのライヴは場内を興奮のるつぼに叩きこんだ。後半に向かうにつれて一体感は増していき、ラストは新曲「EVOKE」。葉月(Vo)は「最後の曲、今日発売です」とCDをフロアーに投げいれた。

本イベントの中で唯一、極彩色のイメージがあるcali≠gariは初めて見る人も魅了する個性のカタマリのようなステージでオーディエンスを沸かせた。石井秀仁(Vo)の独特すぎるアクロバティックなパフォーマンスと歌謡でダンスで実験的な楽曲が脳内をかき乱す。桜井青(g)は「あなたたち、全員、痴女にするまで帰さないわよ!SEXは好きですか!?」と煽り、SEXコールで盛り上がる場内。名曲「セックスと嘘」を披露し、ラストをすべてを破壊するような「クソバカゴミゲロ」で締めくくった。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2015年8月6日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。