布袋寅泰、ロンドンにて圧巻のプレイを披露

布袋寅泰が10月21日、ロンドン中心部にあるイズリントン・アッセンブリー・ホールにてライブを行なった。

【その他の画像】布袋寅泰

彼が英国へ移住して丸3年が経ち、海外でのライブはこれまでも数多く行なわれてきたが、英欧日CD同時発売、更に全世界配信され、日本ではオリコン総合洋楽アルバムウィークリーチャート2位を獲得としたインターナショナルアルバム『Strangers』発売記念とも言える特別なステージだ。

ショウは21時オン・タイムにスタート。バンド・メンバーはベースのNokoとドラムスのクリフ・ヒューイット(いずれもアポロ440)、そこにハモンドの名手アンディ・ウォレス(ロン・ウッド、ロジャー・ウォーターズ)が加わった鉄壁の布陣だ。幻想的なライティングの中バンドが登場し、最後には布袋のシルエットが浮かびあがる。日本であれば大歓声が巻き起こるところだが、ここはロンドン。ステージとフロアが互いの様子をうかがうような独特の緊張感が会場に満ちていた。自身も語っているように、彼の地での布袋は「新人」なのだ。しかし、オープニング・チューン「Medusa」の演奏が始まるやいなや会場の熱量が可視化されたようにグンッと上昇。布袋の指先から放たれる音は確信に満ちたものだ。

次曲「New Chemical」の超絶ギター・プレイで聴衆を驚愕させたのち、とても流暢な英語でのMC。英国での発売を含むインターナショナルアルバム『Strangers』がリリースされたこと、また本作収録曲のすべてを今夜プレイすることを宣言し喝采を浴びた。

この記事の画像

「布袋寅泰、ロンドンにて圧巻のプレイを披露」の画像1 「布袋寅泰、ロンドンにて圧巻のプレイを披露」の画像2 「布袋寅泰、ロンドンにて圧巻のプレイを披露」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

布袋寅泰のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「布袋寅泰」に関する記事

「布袋寅泰」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「布袋寅泰」の記事

次に読みたい「布袋寅泰」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク