ELOのジェフ・リン、ビートルズ秘話とビートルズ愛を語る
拡大する(全1枚)
ジェフ・リン(ELO) (okmusic UP's)
11月18日に15年振りの新作『アローン・イン・ザ・ユニバース』を発表するELOのジェフ・リンが、最新インタビューでビートルズの『アンソロジー』レコーディング時の秘話を語った。

【その他の画像】The Beatles

ビートルズ(『アンソロジー』)、ポール・マッカートニージョージ・ハリスン、リンゴ・スターのそれぞれのソロ作、トラヴェリング・ウィルベリーズをプロデュースした、「最もビートルズに近い男」とも呼ばれている、ポップの魔術師ジェフ・リン。ビートルズの『アンソロジー』収録の「フリー・アズ・ア・バード」はジョン・レノンのホーム・デモを元にポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターが新たにレコーディングして完成させ、「レット・イット・ビー」以来25年振りの新曲として1995年の発表されたものだが、そのプロデューサーに選ばれたのがジェフ・リンだった。当時を振り返ってこう語っている。

「ビートルズの『フリー・アズ・ア・バード』…もう1つ『リアル・ラヴ』もやったね。あれをやるのは事実上不可能みたいなものだった。『何てことだ。僕にできるのか?』と思ったよ。でも、ビートルズのみんな僕が適任だと思ってくれたんだ。だから何とかしてカセットから声を抽出する方法を考えなければならなかった。普通はできないからね。ジョンが曲を書きながら録音した音源だった。弾き ながら曲を覚えていくような。タイミングも合っていなかった。モノラル録音で、ピアノの音がヴォーカルと同じくらいの大きさなんだ。そこに入っているヴォーカルを抽出するのは本当に大変だった」