ジューダス・プリースト、6年振りのオリジナルアルバムリリース決定!

ジューダス・プリースト、6年振りのオリジナルアルバムリリース決定!
アルバム『リディーマー・オブ・ソウルズ』 (okmusic UP's)
ジューダス・プリーストが通算17枚目、実に6年振りとなるオリジナル・アルバム『Redeemer of Souls/リディーマー・オブ・ソウルズ』(Redeemer=救い主、贖い主の意)を7月23日にソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより発売する。

【その他の画像】Judas Priest

“メタル・ゴッド"として40年間ヘヴィ・メタル・シーンを牽引してきた重鎮バンド、ジューダス・プリースト。2011年から12年にかけて行なわれ、“最後のワールド・ツアー"と銘打たれた「エピタフ・ツアー」の発表と共に、オリジナル・メンバーのK.K.ダウニング(G)が脱退という衝撃ニュースが世界中を駆け巡り、一時は“メタル・ゴッドもついに終焉に向かってしまうのか!?"とヘヴィ・メタル・ファンをヤキモキさせた。その後の期待と不安が入り混じったワールド・ツアー(日本は12年2月に来日)は、初披露された新加入のギタリスト、リッチー・フォークナーの期待を遥かに上回るアグレッシヴかつテクニカルなプレイと、若かりし頃のK.Kを彷彿とさせる金髪の美形ルックスによって、ファンを納得させただけでなく、結果、40年以上の歴史を持つ重鎮バンドに新たな生命力を吹き込む形となったのだった。

そして前アルバム『ノストラダムス』から6年の歳月を経て、ついにニュー・アルバムが完成した。前作はバンド初の2枚組で“メタル・オペラ"と銘打ったように、ストリングスやシンセ・ギターを取り入れるなどした重厚サウンドと組曲的な壮大な構成のジューダス・プリースト史上最もコンセプチュアルな作風となったが、今回のニュー・アルバムは徹頭徹尾ジューダス・プリースト流の王道ヘヴィ・メタルに回帰しているという。その原動力となったのは、やはり新加入のリッチー・フォークナーの存在だ。元々ジューダス・プリーストに憧れていたというリッチーは、ツアーで期待に応えただけでなく、作曲面でもロブ・ハルフォード(Vo)、グレン・ティプトン(G)と共に多大な貢献を果たしているという。その才能が今回の作品でいかに発揮されているかも要注目だ。本日発表されたバンドからの声明文は以下の通り。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2014年5月6日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。