「モテる40代」の代表格・斉藤和義を支えるルーツ、 そしてふたつの輪とは?

「モテる40代」の代表格・斉藤和義を支えるルーツ、 そしてふたつの輪とは?
拡大する(全1枚)
斉藤和義 (okmusic UP's)
今回の『FaRao Music Discovery』でフィーチャーするのは、斉藤和義。デビューからキャリアを重ねながら徐々に支持を広げ、ミュージシャンとして理想的な立ち位置を築き上げたシンガーソングライターだ。

特に、ここ近年の活動の充実ぶりには驚くべきものがある。デビュー20周年を迎えた2013年にはアルバム『斉藤』『和義』を2枚同発でリリースし、オリコン2位・3位を記録。2014年4月までかけて行なわれたアルバムのツアーでは全国55都市62公演を回り約14万人を動員。9月にはドラマー・中村達也とのユニット、MANNISH BOYSでもアルバムを発売しツアーを敢行。さらに12月には新曲「Endless」「ワンダーランド」を配信リリースし、4年振りのライヴハウスツアー『RUMBLE HORSES』も行なってきた。

3月18日には、そのツアーの模様を収めたライヴ映像作品&音源が『KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2014 “RUMBLE HORSES” Live at ZEPP TOKYO 2014.12.12』として、Blu-ray/DVD/CDの3形態でリリースされる。このツアーではバンドメンバーに、2003年発表のシングル『喜びの唄』やアルバム『NOWHERE LAND』で共作したニューヨーク出身のドラマー、チャーリー・ドレイトン(Dr)、初恋の嵐のベーシストでさまざまなアーティストのレコーディングやライヴでも活躍する隅倉弘至(Ba)、カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点にMy Hawaiiとして活動している鹿野洋平(Key&Gu)と、今までよりも小編成ながらも豪華ラインナップを迎えた。全国7カ所13公演という希少価値の高いツアーということで、ファンの中でも熱いチケット争奪戦が繰り広げられ、見逃したファンが大多数を占めた同ツアーの模様が、いよいよ完全盤として作品化される。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

斉藤和義のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「斉藤和義」に関する記事

「斉藤和義」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「斉藤和義」の記事

次に読みたい「斉藤和義」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク