ロックバンド、シャ乱Qの核心を示した堂々たる作品『勝負師』

シャ乱Qのヴォーカリストであり、音楽プロデューサーとしても知られるつんく♂が、母校・近畿大学の入学式に出席し、声帯摘出手術で声を失っていたことを公表。何ともショッキングだったこの悲報は記憶に新しいところだが、その後、“食道発声法”のトレーニングを重ねて、小声ではあるが発声できるようになってきているとの報道もあるという。氏の不屈な精神に敬意を表すとともに、回復をお祈りしたい。今回の本コラムではシャ乱Qの代表作『勝負師』を取り上げる。

2013年に結成25周年記念として「シングルベッド」のセルフカバー版がリリースされたとはいえ、2001年以後のシャ乱Qはメンバーのソロ活動が主であり、バンドとしては単発のライヴやイベント出演ばかりだったので、特に最近の音楽ファンにとっては、つんく♂が所属していたバンドと言ってもピンとこないかもしれない。つんく♂の印象と言えばモーニング娘。以下、ハロー!プロジェクトの総合プロデューサーが一般的だろうか。この一風変わったバンド名は、シャッターズ、RAM(乱)、QP(キューピー)の3バンドのメンバーが集まったことに起因する…と言われても、「はぁ?」と言った感じだろう。NHK主催の音楽コンテスト『BSヤングバトル』の第2回グランプリを受賞し、多くのレーベルによって争奪戦が繰り広げられた末、1992年7月にメジャーデビュー(この『BSヤングバトル』は、当時は鳴り物入りのコンテストだったが、輩出したのは第1回グランプリのGAOと、シャ乱Qくらいだったので、個人的にはその辺も初期シャ乱Qに微妙な影を落としたような気もしている)。“シャ乱Q=バンド”として認識している人たちでも、ブレイク以降はテレビでの露出も派手だったので、バラエティー対応可能なポップバンドといったイメージが強い人も少なくなかろう。だが、さにあらず。シャ乱Qは堂々たるロックバンドである。今回、アルバム『勝負師(ギャンブラー)』を聴いて、その思いを新たにした。以下、そのシャ乱Qの素晴らしさを記したい。
編集部おすすめ
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク