“クッパ姫”のイラスト合戦に見る「オタクカルチャー肥大化」の功罪

“クッパ姫”のイラスト合戦に見る「オタクカルチャー肥大化」の功罪
クリエイターたちのイラスト作画風景。二次創作の“ルール崩壊”は同人活動崩壊に至る場合も
 最近、Twitterやイラスト投稿SNSのpixivなどで盛り上がっているキーワードが“クッパ姫”だ。これは、任天堂のゲームソフト『スーパーマリオ』シリーズに登場するキャラクター・クッパを女体化させた二次創作キャラクター。もちろん公式設定にはないキャラだが、「カメ型の敵キャラをあえて人間の女性に擬人化する」という意外性がウケ、思い思いのクッパ姫のイラストが投稿されて話題となった。一方、加熱する“クッパ姫”ブームに対して、他のクリエイターからは注意を呼びかける声も挙がっている。“クッパ姫”ブームをはじめ、二次創作はどこまで許されるのか? 肥大化するオタクカルチャーがもたらす功罪とは?

■スーパーマリオシリーズのキャラクターを二次創作 ネットで騒ぎに

 クッパ姫は、新作ゲーム『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』に登場するアイテム「スーパークラウン」によって、クッパがピーチ姫の姿に変身したという設定の二次創作キャラクターであり、多くの擬人化キャラと同様、萌え系のタッチで胸が大きく、「角や牙を生やしたちょっと悪役っぽいお姫様」ふうに描かれているものが多い。

 そもそもは9月19日、マレーシアのTwitterユーザーであるhaniwa(@ayyk92)氏がイラストを投稿したことがきっかけとされ、多くの類似イラストが登場し、「キングテレサ姫」や「ヨッシー姫」などの派生キャラクターも誕生。『ワンパンマン』作画の村田雄介氏や『ポプテピピック』大川ぶくぶ氏などの人気漫画家も参入し、日本はおろか海外でもクッパ姫に関する投稿や関連ワードが一週間ほどTwitterの人気ワードになった。

あわせて読みたい

記事提供社から

「“クッパ姫”のイラスト合戦に見る「オタクカルチャー肥大化」の功罪」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    規制が創作をダメにしている見本としていまの秋葉原や中野、池袋がある。3年以上前の外国人で混雑していた街並みはいまはスカスカで見る影も無く明らかに都条例による行き過ぎた規制によるもの。

    7
  • 匿名さん 通報

    本来表現者であった筈のマスコミや作家、評論家が表現規制を掲げ、それが大義であるかの如くに語る。

    7
  • 匿名さん 通報

    同人活動は仲間内でやってたから暗黙のルールがあった。裾野が広がった分暗黙のルールなど知らない人たちが暴れてる。規制は必要。放置するとお隣の国のようになる。

    6
  • 匿名さん 通報

    同人活動というのは自身の「愛」を表現するものだが、愛も行き過ぎればまずいわな。ストーカーみてえなもんじゃん。

    3
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。