羽生善治竜王が一度も勝てなかった天才棋士のその後を大追跡

羽生善治竜王が一度も勝てなかった天才棋士のその後を大追跡
10月21日放送、TBS系『消えた天才』棋士・羽生善治竜王が一度も勝てなかった天才棋士を大追跡(C)TBS
 21日放送のTBS系『消えた天才』(後6:30)に、今年2月に将棋界初の国民栄誉賞を受賞した棋士・羽生善治竜王が一度も勝てなかった天才棋士が登場する。

 中学生でプロ棋士となった羽生竜王は、19歳でタイトルを獲得。当然、その才能は小学生の頃から飛び抜けており、周囲からは“神童”と称されていた。しかし、1981年の将棋全国大会の準々決勝で、当時11歳の羽生竜王を余裕で破った天才少年がいたのだ。

 さらに、その天才は準決勝でも“羽生世代”であり、現・日本将棋連盟会長の佐藤康光九段に勝利し、決勝の舞台でも同じ世代の女流棋士・中井広恵六段を破り優勝している。

その天才について佐藤九段は、「非常に強く、常に一歩二歩先を行く存在だった」と、その実力を絶賛。さらに、中井六段は「すごく印象に残っている」と、実力だけではなく鮮烈なインパクトを残していたことも分かった。

 後に優勝者の多くがプロの棋士となる大会で優勝した天才。当然、彼もプロになりエリートへの道を歩むはずだった。しかし、その天才は、プロ棋士になることはなく、羽生がリベンジする間もなく突然、表舞台から姿を消したという。

 日本一の才能を持ちながら、なぜ姿を消したのか? あれから37年。番組では天才の今を大追跡。すると、意外な理由で将棋を辞めていたことが明らかになる。さらに、将棋を辞めた後、壮絶な人生を送っていたことも告白する。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。