満島ひかり、久しぶりにフラッシュ浴びてご機嫌 一回転するなどノリノリ

満島ひかり、久しぶりにフラッシュ浴びてご機嫌 一回転するなどノリノリ
満島ひかり(C)ORICON NewS inc.
 女優の満島ひかりが14日、東京・渋谷のNHKでBSプレミアム『満島ひかり×江戸川乱歩』(12月30日 後11:30)の試写会に出席した。フォトセッションでは「こんなにカメラを向けられるの久しぶりだからなぁ」とつぶやきながら笑顔をふりまき、その場で一回転(足元はハイヒール)するなど、ノリノリだった。

 満島がご機嫌だったのは番組への自信があるからだろう。今回は、江戸川乱歩の傑作短編を映像化シリーズの第3弾。もともと「明智小五郎がやりたい」という満島の意向を受けて企画された番組で、ドラマや映画の監督経験のない気鋭のクリエイターを起用しながら、ほぼ原作に忠実に映像化。

 今回は、不倫の恋に溺れ、完全犯罪を成功させる妖艶な悪女「お勢登場」(共演は宮藤官九郎)。内気な男から算盤(そろばん)を暗号に使った恋の告白を受ける地味な事務員「算盤が恋を語る話」(共演はハライチ岩井勇気)。夫の浮気に悩み、相手の招待を突き止めようとする若妻「人でなしの恋」(共演は高良健吾)の3編で、3人のヒロインを演じ分ける。

 明智小五郎の出番がなかったことが唯一の“不満”だったようで、会見でも「明智小五郎に戻りたい」と繰り返した。この番組を気に入っている理由として、「江戸川乱歩さんの作品は怪しくて、色っぽくて、バカバカしくて、ユーモアがあって、少し下手くそで、文学的」と原作の魅力を上げながらも、「似たスタイルで作る作品が増えている中で、普段はPVなどを撮っている監督が、手探りで一つのものを作っていくのが面白くて。予期せぬ発想も出てくるし、メイクも衣装も自由」。

 出演者のキャスティングも、芝居経験のない人をあえて起用するなど、型破りなところがあり、「しがらみまったくない」とイキイキとした表情で語っていた。今回、演技経験のほとんどない、ハライチの岩井のピュアなりアクションに「初めてお芝居をやった時を思い出した」など、満島としても発見があり、「映像で遊べた」と満足げに話していた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 満島ひかり ドラマ
  2. 満島ひかり 三浦大知
  3. 満島ひかり 映画
オリコンの記事をもっと見る 2018年11月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「満島ひかり + ドラマ」のおすすめ記事

「満島ひかり + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「満島ひかり + 三浦大知」のおすすめ記事

「満島ひかり + 三浦大知」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「井上真央」のニュース

次に読みたい関連記事「井上真央」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。