篠原涼子、舞台あいさつで感涙「撮影を思い出して…」 娘役から感謝の手紙

篠原涼子、舞台あいさつで感涙「撮影を思い出して…」 娘役から感謝の手紙
涙を流し、手で顔を覆った篠原涼子 (C)ORICON NewS inc.
 女優の篠原涼子、俳優の西島秀俊が17日、都内で行われた映画『人魚の眠る家』の公開記念舞台あいさつに出席。夫婦で映画初共演した2人。撮影秘話に花を咲かせるなか、子ども役を務めた稲垣来泉、斎藤汰鷹がサプライズで駆けつけると、篠原が涙をみせる一幕があった。

 同作は、東野圭吾氏の小説を堤幸彦監督が実写化。2人の子を持つ播磨薫子(篠原)と、IT系機器メーカー社長の和昌(西島)は、娘の小学校受験が終わったら離婚すると約束していた。ある日、娘がプールで溺れ、意識不明になったと知らせが届く。このまま回復の見込みはなく眠り続ける娘を前に、奇跡を信じる夫婦はある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく。

 人魚をイメージしたきらびやかなドレス姿を披露した篠原だが「出しゃばっちゃって、すいません。間違えちゃったかな」と恐縮しきり。それでも観客から「きれいだよ~!」と声援が飛ぶと「ありがとうございます。自信を持ってここに立ちたいと思います」と胸を張った。

 堤幸彦監督が「本当の家族になりました」と話すほど、現場で仲を深めた篠原たち。壇上に一家全員がそろうと、篠原は「すいません、涙が…。撮影を思い出しちゃって…」と思わずホロリ。涙を拭い「(衣装が)派手でごめんね」と語りかけると、稲垣は「きれいだよ」と笑顔で返していた。

 また、サプライズプレゼントとして、斎藤は劇中の家族をイラストにし、その出来栄えに西島が「うまいな!」と目を丸くする。稲垣は感謝の手紙を朗読し「お父さん、お母さんありがとう。大好き!」と声を掛けると、篠原も「私も幸せだったし、一緒に仕事ができてよかった。また遊ぼうね」と表情を緩ませていた。

 舞台あいさつにはそのほか、坂口健太郎、川栄李奈、松坂慶子が出席した。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る 2018年11月17日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。