AKB48柏木由紀、最年長は「逃げ道ない」 最も大変だったのは大島優子“代役”

AKB48柏木由紀、最年長は「逃げ道ない」 最も大変だったのは大島優子“代役”
『bayfm MEETS AKB48 13th stage~Because~』の公開録音に出演した柏木由紀 (C)ORICON NewS inc.
 AKB48柏木由紀(27)が18日、千葉・bayfm STUDIO MARIVEで行われた『bayfm MEETS AKB48 13th stage~Because~』の公開録音に出演。グループ内で最年長となった柏木は、これまで最も大変だったことについて「AKBに入って劇場デビューする前に、全国ツアーの大島優子ちゃんのアンダー(代役)を務めたことが、しんどかった」と振り返った。

 3期生として2007年4月に公演デビューしてから10年を超えた柏木。7月に山本彩が当時所属していたNMB48卒業を発表した際、秋元康総合プロデューサーから「(これからは)柏木と指原のババアコンビで頑張れ」とジョークまじりに励まされたことを明かすと、MCを務めた元AKB48・SDN48の野呂佳代(35)は「(周りから一度言われると)ババア扱いに陥りやすい。そこに(周りが)どんどん付け込んでくる」と経験談を交えながらフォロー。続けて「ゆきりんがもう27歳。信じられない」と驚くと、柏木は「最年長になってしまって、もう逃げ道がない…。ババアを乗り切る方法は、開き直る!」と笑わせた。

 活動してからの10年以上を振り返る一幕もあり、「今までで大変だったことは?」と聞かれるた柏木は「秋葉原のAKB劇場でのデビュー前に、全国ツアーでチームKの大島優子ちゃんのアンダーを務めたこと」と告白。

 「(2007年の)『春のちょこっとだけ全国ツアー』で、優子ちゃんが『映画の撮影で出れない』となり、福岡と名古屋の全国ツアーにそのまま代役として出ることになって…」と状況を説明し「私の名前も知られていないし、ファンの方も優子ちゃんが出る思って来ている。その日突然のことだったので、しんどかったです…」と振り返った。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

オリコンの記事をもっと見る 2018年11月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュース

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。