広瀬アリス、時代劇初挑戦 所作と舞を特訓「よく頑張った」

広瀬アリス、時代劇初挑戦 所作と舞を特訓「よく頑張った」
時代劇に初挑戦する広瀬アリス(C)ORICON NewS inc.
 女優の広瀬アリスが7日、東京・渋谷のNHKで行われた正月時代劇『家康、江戸を建てる 前編~水を制す~』(2日 後9:00~10:13)の試写会に出席。広瀬は『同 後編~金貨の町~』(3日 後9:00~10:13)に出演する。広瀬は「初めての時代劇で、右も左もわからないままクランクインし、その前に所作や舞の練習をたくさんして、本当に本当に自分、よく頑張ったなと思います」と、撮影を振り返った。

 同ドラマは、直木賞作家・門井慶喜氏の同名時代小説が原作。寒村から「大都市・江戸」を計画した徳川家康と、彼の夢に人生を賭けた無名の男たちの熱いドラマを描く。徳川家康役の市村正親は前後編を通して出演。

 前編では、泥湿地帯で地下水が得難く、海水が流れ込んでくる関東の低地で、人が生きるために必要な「飲み水」を確保するため、上水道の整備を命じられた、菓子職人・大久保藤五郎(佐々木蔵之介)を中心に描く。後編は、銀を使う秀吉の大坂経済圏から独立するため、家康は金貨の「小判」作りを京都から引き抜いた職人・橋本庄三郎(柄本佑)に命じて、秀吉との経済戦争に発展するストーリー。

 広瀬は、庄三郎が夫婦約束をする後藤徳乗(吉田鋼太郎)の娘、早紀を演じる。気が強いお姫様だが、庄三郎のことを誰よりも理解し、陰ながら応援する役どころ。自らの口から「よく頑張った」ということばが出たが、初めての時代劇の撮影現場で、最も難儀したのは「手」。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 広瀬アリス ドラマ
  2. 広瀬アリス 声優
  3. 広瀬アリス 映画
オリコンの記事をもっと見る 2018年12月7日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「広瀬アリス + ドラマ」のおすすめ記事

「広瀬アリス + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「広瀬アリス + 声優」のおすすめ記事

「広瀬アリス + 声優」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「二階堂ふみ」のニュース

次に読みたい関連記事「二階堂ふみ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。