「自分は決してエリートではない」、木村拓哉はじめての刑事役に葛藤も

「自分は決してエリートではない」、木村拓哉はじめての刑事役に葛藤も
刑事・新田を演じる木村拓哉(C)2019映画「マスカレード・ホテル」製作委員会(C)東野圭吾/集英社
 木村拓哉が、初の刑事役に挑んだ映画『マスカレード・ホテル』(1月18日公開)。本作の原作は、ベストセラー作家東野圭吾氏によるもので、もともと主人公・新田は「木村拓哉をイメージして執筆した」という。役柄は“エリート刑事”だが、木村自身は“エリート”を演じることに葛藤もあるよう。自身の経験に基づいた、人間観察法についても語った。

■“エリート役”には眉間にシワ? 木村流の人間観察法も明かす

――木村さん演じる新田は、エリート刑事でありながら型にハマることを嫌うアウトローな部分も持った個性的な人物。刑事とホテルマンの演じ分けも含め、いくつもの仮面をかぶった役なのかなと感じました。

【木村拓哉】いや、そんなこともなかったです。潜入捜査をする刑事がホテルマンになる、という仮面はかぶっていましたが、そこは長澤まさみさん演じる優秀なフロントクラークの尚美さんがいてくれるので。刑事である新田からしたら、“ホテルの人なんて…”といった色眼鏡でホテルマンを見ていた。でも、尚美さんを通じて、それがどんどんクリアになっていき、最終的にはホテルの人たちの仕事への向き合い方やモチベーションに対し、賛同や尊敬が生まれてくる。逆に、自分は上司から「おまえ、いつからホテル側の人間になったんだ」と…その一言をもらわなければいけない話の流れだったんです。刑事とホテルマンの仮面というよりは、彼女を通じて、会話が物語の大事なキーワードになっていくお話なんですよね。自分的にはその流れに沿うことが大事でした。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 木村拓哉 SMAP
  2. 木村拓哉 ジャニーズ
  3. 木村拓哉 ドラマ
オリコンの記事をもっと見る 2019年1月12日の芸能総合記事
「「自分は決してエリートではない」、木村拓哉はじめての刑事役に葛藤も」の みんなの反応 5
  • なにをやっても 通報

    ちょまてよ!犯人!

    2
  • 匿名さん 通報

    ひげでもはやさないと渋い刑事にみえないだろw っていうかひげ付けても既にキムタクにしか見えないからお先真っ暗確定だ

    1
  • ニャニャー 通報

    どこに犯人がいるのか、それも面白いと思うけど、怖い・・・これがマスカレード(仮面)たるものとか?

    0
  • 匿名さん 通報

    無精髭はやめてほしいです。

    0
  • ニャニャー 通報

    ひげだけはきれいに剃りなよ!なんか泥棒に見えるので、無精ひげのないキムタクがいい♡

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「木村拓哉 + 映画」のおすすめ記事

「木村拓哉 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「木村拓哉 + 視聴率」のおすすめ記事

「木村拓哉 + 視聴率」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「亀梨和也」のニュース

次に読みたい関連記事「亀梨和也」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。