超絶ボディペイントに世界も注目、アーティスト“チョーヒカル”が人肌に描く理由

超絶ボディペイントに世界も注目、アーティスト“チョーヒカル”が人肌に描く理由
まるで猫人間!? チョーヒカルが描くボディペイント
 「鳥人間に猫人間!?」、「臓器が丸見え!?」と目を疑うような作品を描く、アーティストのチョーヒカル。不気味さもありながら、見入ってしまうインパクトのある彼女のボディペイントに、日本国内だけでなく海外からも視線が注がれている。なぜチョーヒカルは、紙ではなく体に描くのか。本人に聞いてみた。

■きっかけは、紙を買いに行くのが面倒で自分の手に

 チョーヒカルは1993年生まれで、現在26歳。2016年に武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科を卒業。美大受験時に自分の手に描いたことがきっかけで、ボディペイントの道に進んだという。体にリアルな目や物を描くボディペイントは、Samsungの広告ビジュアルなどに起用され話題に。日本テレビ系『ナカイの窓』やTBS系『ゴロウ・デラックス』、BS-TBSの『#ストイック女子』など多数のメディアにも出演するなど、多岐にわたって活動を広げている。紙に描くのと体に描くのでは何が違うのか、描く際に苦労する点とは?

――ボディペイントを始めたきっかけは?

「18歳の時、美大受験に備えて絵の練習をしていたのですが、紙がなく、買いに行くのが面倒だったため、自分の手の甲に描いたのがきっかけですね。それがとても面白く、SNSに投稿したら好評だったため、ボディに描くようになりました」

――何を使って描いているのですか?

「絵の具とメークパレットです。筆は日本画用を使用しています」

――作品を一つ描くのに、どのくらい時間がかかりますか?...続きを読む

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る 2019年1月12日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。