AKB48グループ初代歌姫は野島樺乃 SKE48選抜歴ゼロの7期生が栄冠

AKB48グループ初代歌姫は野島樺乃 SKE48選抜歴ゼロの7期生が栄冠
『AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』で優勝したSKE48の野島樺乃 (C)ORICON NewS inc.
 AKB48国内6グループの歌姫の座を競う『AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』決勝大会が11日、東京・TBS赤坂ACTシアターで行われ、SKE48の7期生でこれまで選抜歴のない野島樺乃(17)が頂点に立ち、“初代”女王に輝いた。2位は16日にソロコンサートを控えるAKB48の期待の新星・矢作萌夏(16)、3位は本命視されていたAKB48/STU48の岡田奈々(21)の結果となった。

 今回初開催のイベントには、6グループ155人が立候補。昨年11月30日、12月1日の予選を勝ち抜いた20人がこの日行われた決勝に駒を進め、バンドの生演奏をバックにそれぞれの勝負曲を歌った。

 第4組2番手で登場した野島は「カラオケに行ったら必ず歌う」ほど好きというミュージカル『リトル・マーメイド』の「パート・オブ・ユア・ワールド」をせりふ入りで歌唱し、同組1位でファイナルに進出。ファイナリスト8人の最終歌唱者としてRihwaの「春風」を伸びやかな声で歌い上げ、美しいファルセットを響かせた。

 自身の歌唱を振り返り、「自信はアリ寄りのアリ」と言っていた1曲目の「パート・オブ・ユア・ワールド」は90点、「Aメロ、Bメロがダメダメだった」という2曲目の「春風」は65点と自己採点。野島自身は矢作の優勝を予想していたといい、2位までに呼ばれなかった時点で「もうダメだと思った。生きた心地がしなかった」と本音を吐露した。...続きを読む

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る 2019年1月12日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。