ガンプラと歩んだ40年、ガンダムの生みの親・富野由悠季が語る「“おもちゃ屋スポンサーは敵”という被害妄想」

ガンプラと歩んだ40年、ガンダムの生みの親・富野由悠季が語る「“おもちゃ屋スポンサーは敵”という被害妄想」
(左)“ガンダムの生みの親”富野由悠季氏/写真:嘉陽宗也(右)ガンプラ第1号「 1/144 ガンダム」の箱絵 (C)創通:サンライズ
 日本アニメの金字塔、『機動戦士ガンダム』の第1話が1979年4月7日に放送されてから、本日で40周年を迎えた。長きにわたって愛され続けるガンダムシリーズにおいて、その礎となったのは1980年代前半のガンプラブームだ。では、当時の狂騒的な盛り上がりを、“ガンダムの生みの親”である富野由悠季氏はどう感じていたのか。そしてバンダイが見抜いた、ガンダムという“固有名詞の意味”とは? ガンダムとガンプラが共に歩んだ40年、その舞台裏を富野氏に聞いた。

■ガンダムという“固有名詞の意味”を見落としたクローバーと、“世界観”を見抜いたバンダイ

――『機動戦士ガンダム』は40年にわたって愛されてきましたが、ガンプラの果たした役割もあったかと思います。

【富野由悠季】ガンプラの影力は“決定的”です。もはや、プラモデルというジャンルさえも「ガンプラ」という名前に切り替えさせてしまったくらい、強力な“事業”になったということです。

――ガンプラを販売するバンダイは、いかにして“ガンプラ”を事業として成功させたのでしょうか。

【富野由悠季】ガンダムが放送された1970~80年代、プラモデルを作るということは決して珍しいことではなかった。けれど、ガンダムのプラモデル商品化権を持っていたクローバー(※玩具メーカー、「機動戦士ガンダム」放送当時のメインスポンサー)は、ガンダムという“固有名詞の意味”を見落としていた。これが決定的なミスです。そして、クローバーがプラモデルの商品化権を手放さざるを得なくなった時に、バンダイというキャラクターグッズで商売をやっていた人たちが、“ガンダムの持つ世界観”を見抜く力があったということなんです。...続きを読む

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る 2019年4月7日の芸能総合記事
「ガンプラと歩んだ40年、ガンダムの生みの親・富野由悠季が語る「“おもちゃ屋スポンサーは敵”という被害妄想」」の みんなの反応 6
  • デギン富野 通報

    ガンダムの設定を考えのはSF作家の松崎健一。ストーリーを考えたなは脚本家の星山博之、山田優。日本人功労者は安彦良和と大河原邦夫以外みんな粛清された。

    2
  • 匿名さん 通報

    MSの航続時間そもそもが、現在空母に搭載した航空機が1週間無着陸で活動できるか?戦車でも燃料が常に必要だし整備するために後方部隊がいて、前線で戦う数と同じ人数がいる。トミノ論のものが滅茶苦茶な話。

    1
  • 匿名さん 通報

    アホか。現代の技術の延長で考えるからおかしなことになるのだ。我々が発想もできないよう超高度な技術があの世界では発明されているだろ。

    1
  • 匿名さん 通報

    松崎健一さんは スタジオぬえ だから マクロスに

    1
  • 匿名さん 通報

    ランドセルが小さいって、それを最初にデザインしたのは誰ですか?っと。 どーも富野由悠季のハナシはどこまで本気でどこまで本当かわからないな(笑

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。