細川たかし、新弟子・16歳の彩青お披露目 尺八と三味線を器用にこなす“天才”と称賛

細川たかし、新弟子・16歳の彩青お披露目 尺八と三味線を器用にこなす“天才”と称賛
16歳の新弟子・彩青をお披露目した細川たかし(左) (C)ORICON NewS inc.
 演歌歌手細川たかし(68)が20日、都内で22日発売の新曲「冬嵐」の発表会を実施。さらに新たな弟子・彩青(りゅうせい・16)のデビュー発表も行い「すごく器用で、先が楽しみ。これで俺は一生、食べていける」とジョークも交えながら、愛弟子のデビューを祝った。

 細川と同じ、北海道出身の彩青は、小学6年生のときにテレビ番組で共演。「声変わりの壁を乗り越え、歌声が維持できたときは弟子に」と約束をし、きょうまで音楽を鍛えてきた。5歳で民謡を始め、7歳からは津軽三味線、11歳からは尺八も本格的に演奏するようになり、日本の伝統音楽に親しみが深い。

 この日は、尺八を手に持ちデビュー曲「銀次郎 旅がらす」を披露。「初めてなのですごく緊張しました」と振り返るも「師匠を見習って、歌詞を間違えないように心がけました」と、テレビなどで度々、歌詞を間違える細川をいじる場面も見せ、笑いを誘った。

 どのような歌手になりたいか聞かれると「歌を聞いてくださった方が元気に笑顔に、そしてエールを送れるような歌手になり、しゃべりでも人を笑わせられるようにしたい」と誓うと、細川と長年交流があり、応援に駆けつけた名将・野村克也氏から「たいしたもんだよ」と称賛を受けた。

 細川からも“天才”と称されるが「もっともっと練習していかないと思っている」と謙虚。デビューに関しては「驚きと喜びがごちゃまぜですが、うれしさでいっぱいです」と笑顔を見せた。さらに、夢についての質問には「師匠がレコード大賞の新人賞を受賞した年に、紅白歌合戦も出場しているので、そこが目標です」と高らかに宣言していた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

オリコンの記事をもっと見る 2019年5月20日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「山口百恵」のニュース

次に読みたい関連記事「山口百恵」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「北島三郎」のニュース

次に読みたい関連記事「北島三郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「氷川きよし」のニュース

次に読みたい関連記事「氷川きよし」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。